身体のリアル

  • KADOKAWA
3.71
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047345652

作品紹介・あらすじ

押井守監督の実の姉にして舞踏家:最上和子との対話!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 毎度のことだけど押井守を読むとすぐかぶれる。耳触りの良いこと気持ち良いことばっかり受け取ってしまってほんとに読めてるのかいつもわかんない。
    でもまずは『ゾンビ日記』からついにお姉さんが登場ー!って喜び。さんざん身体を生身じゃなく人形や機械で描いてきた監督が生の身体、とそのさらに内側にある身体のことを語るのがすごく面白い。感覚的で個人的な話なんだけど、幽霊として生きるとか、壊れたことを受け入れると楽になるとか、それこそ“腑に落ちる”感じで覚えのあることがあって、この人、いやこの人たちほんとすごいところに生きてる。これくらい自由に歳取りたい笑
    若いうちは失うことを極端に恐れる云々のくだりは息止まるくらい真剣に読んじゃったけど、ほんともっと自由になりたい。もっと楽になりたい。壊れても最後には自分の身体に希望が持てそうな、すっごく遠い境地だけどもう少し身体を信じて生きてもいいのかなと思える話だった。
    あと監督、食べることについて語ったりしてくれませんかね。もうどこかでやってるのかもだけど。

  • Amazonで予約してたのが、今日届いた

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

映画監督。1951年生まれ。東京都出身。東京学芸大学教育学部卒。1977年、竜の子プロダクション(現:タツノコプロ)に入社。スタジオぴえろ(現:ぴえろ)を経てフリーに。主な監督作品に『うる星やつら オンリー・ユー』(’83年)、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(’84年)、『天使のたまご』(’85年)、『機動警察パトレイバーtheMovie』(’89年)、『機動警察パトレイバー2theMovie』(’93年)。『GHOSTINTHESHELL/攻殻機動隊』(’95年)はアメリカ「ビルボード」誌セル・ビデオ部門で売り上げ1位を記録。『イノセンス』(’04年)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に、『スカイ・クロラTheSkyCrawlers』(’08年)はヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品された。近作に『THENEXTGENERATIONパトレイバー』シリーズ全7章(’14~’15年)、『THENEXT GENERATIONパトレイバー首都決戦』(’15年)。最新作はカナダとの国際共同作品『ガルム・ウォーズ』(’16年)。

「2018年 『シネマの神は細部に宿る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

身体のリアルのその他の作品

身体のリアル Kindle版 身体のリアル 押井守

押井守の作品

ツイートする