珈琲桟敷の人々 シリーズ 小さな喫茶店 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.20
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047346444

作品紹介・あらすじ

その一杯を求めて、人はその店のその席に、今日も…。名作『コーヒーもう一杯』で漫画の枠を超えるファンを魅了した山川直人が、唯一無二の誠実で温かな世界を再び描き出す。コーヒーや喫茶店を巡る絶品の連作集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 喫茶店「ロルカ」ってどこにあるんだろう?とても行ってみたいんだけど!山川さんのマンガって文学でいうと純文学だなと思う。すーっと読み終わるけど、とても心に残る。コミカルなのにどことなく哀しみがある。今の自分の価値観が揺らぐ。もちろん絵の面でも、ちょっとした人物のしぐさや心の変化の表現がたまらなくいい。デフォルメしてるのにリアルでおもわずニヤリとしてしまう。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1962年大阪生まれ、東京育ち。高校時代から同人誌活動を始め、同人誌即売会コミティア創立時にはスタッフとして関わる。88年『シリーズ間借り人』(ヤングチャンピオン連載)が漫画雑誌初掲載。著書に『口笛小曲集』『コーヒーもう一杯』『澄江堂主人』『シリーズ小さな喫茶店』(以上、KADOKAWA)、『写真屋カフカ』(小学館)、『日常の椅子 菅原克己の風景』(ビレッジプレス)など。現在も同人誌、自主制作本の活動を続けている。

「2018年 『ハモニカ文庫と詩の漫画』 で使われていた紹介文から引用しています。」

珈琲桟敷の人々 シリーズ 小さな喫茶店 (ビームコミックス)のその他の作品

山川直人の作品

ツイートする