銃座のウルナ 4 (ビームコミックス)

著者 : 伊図透
  • KADOKAWA (2017年10月12日発売)
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047348127

作品紹介・あらすじ

ウルナ・トロップ・ヨンク…狙撃手として、戦場で生きると決めた彼女。過酷な戦争の時代を生きる女たちの、胸引き裂かれる悲劇をえぐり出す、圧倒的SF巨篇、復員したウルナの運命を描く、第4巻。

銃座のウルナ 4 (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルから想起される様なものは無い。パラレルワールド的なSFで、今よりも少し前の時代背景に近い為か、どうしても男尊女卑的な思想が根底にあり、それに抗う為の話でもない。ここの部分でどうしても引っ掛かりを覚えてしまう。

    戦果を挙げて帰国したウルナが特権を得る事もなく、やはり所詮女性兵士と言う「国家思考」は変わらない。この時代にあっても女性が逞しく生きている、とは思えない。現在は「女性を搾取するもの」として当然と扱っていた時代とは明らかに異なっている。撤廃はされてないし、以前現実の中でも女性蔑視は残っているが、女性の描き方としてはかなり古いモノと考えて読まないといけない部分がある。

    とは言え、戦争相手のゾード族が、実は「人間である」か否か、それを見せない様にする事で憎悪を増強させ、駆逐するに似た戦い方が出来ている、と言う戦争の行方がどうなるのか、その部分では非常に読ませる漫画だ。漫画としては面白いんだけど、読んでて生理的に気持ち悪いなと言う感覚も湧く。恋人関係になってさえ、男性が女性を搾取して当然と言う怖さがある。性欲が絡むと、自分の性欲は100%満たされないとしてもとりあえず自分も性行為を行う事はやぶさかではないし、と言う「性欲」がある場合は女性だけが搾取されていると言う完全な被害者ではあり得ない、と言う部分の描き方が妙にリアルで、性欲のない人間が読むと気持ち悪さを感じてしまうのかもしれない。

  • 2017/12/27購入
    2017/12/30読了

  • 絵柄がエロいですよね。
    全体的に肉感を感じさせるもので描写は繊細極まりないというか。
    いろいろなテーマで描く事が出来る作家に感じます。
    絵的にほぼ完成に近い状態で・・テーマ次第で受ける受けないは読者まかせなんでしょう。成熟した作家だと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

銃座のウルナ 4 (ビームコミックス)のその他の作品

伊図透の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

銃座のウルナ 4 (ビームコミックス)はこんなマンガです

ツイートする