ハクメイとミコチ ワールドガイド 足下の歩き方 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.38
  • (23)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 176
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047348219

作品紹介・あらすじ

カラーそしてモノクロの描き下ろしイラストをふんだんに盛り込み、『ハクメイとミコチ』の世界を徹底解説。さあご案内しましょう、ハクミコワールドへ!
*前代未聞&前人未踏! 30体以上をフルカラーで描き下ろしたキャラクター紹介
*キャラクターの性別、年齢、職業など、初公開のデータが続々
*キャラクターの素顔が垣間見えるQ&Aコーナー掲載
*帽子や衣装、気になる小道具をテキスト付きで解析
*交通・商業・建築から紐解くマキナタとその周辺地域
*特別収録・ハクミコ世界地図
*特別企画・“原寸大”料理再現! ハクミコサイズでごはんを作ろう!

など、楽しい企画&貴重な情報が満載。本編そしてテレビアニメを楽しむ際には必携の1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み終わって興奮さめやらぬまま書きます。

    書き下ろし点数がすごい...
    しかも本が分厚い...最高...
    登場人物たちの年齢や出身地を見るのも
    楽しかったけど、1番興奮したのは
    土地ごとの特色の違いとか、地図かなぁ。
    本当にすごい設定作り込まれてるよ...
    レシピもすごい...
    全然料理しない私だけどどれか1つくらいは
    作ってみたいなぁ。
    こんな本出されたら
    またこの世界に行きたくなっちゃうじゃん...

  • ハクメイとミコチの副読本。人、街、文化などの解説が手厚めに載っているので、世界観に浸りたい方にはおすすめしたい。あの雰囲気が好きな人であれば、たぶん気に入るはず。
    元々情報量が多い漫画だとは思っていたが、話に入りきらない設定もたくさんあり、それが土台になってるのだなと感じた。色々気に入った記事も多かったが、個人的には蜂蜜館の断面図が一番印象に残った。
    あとがきで作者の方が「二度とやらない」と書かれているのには笑ってしまったが、またそのうちやってほしい。

  • 異世界の地図って見ているだけでワクワクする。ただ眺めているだけでも一日が終わってしまいそう。いつか本編で別の国に行くエピソードとかやってほしいな。

  • ■書名

    書名:足下の歩き方 ハクメイとミコチワールドガイド
    著者:樫木 祐人

    ■概要

    カラーそしてモノクロの描き下ろしイラストをふんだんに盛り込み、『ハクメイとミコチ』の世界を徹底解説。さあご案内しましょう、ハクミコワールドへ!
    *前代未聞&前人未踏! 30体以上をフルカラーで描き下ろしたキャラクター紹介
    *キャラクターの性別、年齢、職業など、初公開のデータが続々
    *キャラクターの素顔が垣間見えるQ&Aコーナー掲載
    *帽子や衣装、気になる小道具をテキスト付きで解析
    *交通・商業・建築から紐解くマキナタとその周辺地域
    *特別収録・ハクミコ世界地図
    *特別企画・“原寸大”料理再現! ハクミコサイズでごはんを作ろう!

    など、楽しい企画&貴重な情報が満載。本編そしてテレビアニメを楽しむ際には必携の1冊です。
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    ファンブックですから、ファン向けです。
    それ前提であれば、とてもよい出来だと感じます。

    キャラクター、物語、世界観など丁寧に解説され楽しむ事が出来ました。

    こういうファンブックもいいですがやっぱり、マンガが一番好きです。
    今のアニメもいいですが、1年に一冊の漫画を今後も楽しみにしています。

  • 珍しく「欲しい」と思って,珍しくいわゆる「ガイドブック」を買ってみたのだが……やはり漫画にガイドブックなるものは不要だということに落ち着いた.
    なんというかせっかくの世界観(もちろん主観的自分勝手な)がぶち壊しである.
    出身地や年齢や正確な性別が知れたのはまぁいいのだが,ナライとハクヨやランテツとリン,アユネの婚約等「結婚」の概念はあるし,コハルみたいに恋に恋する女の子も出てくるが,とはいえやはり恋だの結婚だのをハクメイやミコチに聞いてほしくない……
    というか,せっかくなら説明書いたりQ&Aインタビューしてるの別の何かキャラ作ってそれにやらせればよかったのに,人間が介在しているようでやはり世界観ぶち壊しである.
    あと第3章「小さなグルメツアー」が激しく要らない……せっかくの小さな世界なのにめっさ人間の手が出てきてるのが最悪だ,せめて人形なりCGなりでキャラが作ってるように見せかけるならいざ知らず.
    コラム1の「帽子のおはなし」はよかったね,後から6巻でカーネリアンが「あの帽子はまさしく我らが故郷の物!」と言っていたことに気付いた.

  • ハクメイとミコチの副読本。

    マキナタの地図とか周辺国の地図や特色が出ていて、作り込まれた世界観が面白かったです。

  • 【内容】
    本編もアニメも楽しさ倍増。ファン待望のハクミコ副読本、ついに完成!

    カラーそしてモノクロの描き下ろしイラストをふんだんに盛り込み、『ハクメイとミコチ』の世界を徹底解説。さあご案内しましょう、ハクミコワールドへ!
    *前代未聞&前人未踏! 30体以上をフルカラーで描き下ろしたキャラクター紹介
    *キャラクターの性別、年齢、職業など、初公開のデータが続々
    *キャラクターの素顔が垣間見えるQ&Aコーナー掲載
    *帽子や衣装、気になる小道具をテキスト付きで解析
    *交通・商業・建築から紐解くマキナタとその周辺地域
    *特別収録・ハクミコ世界地図
    *特別企画・“原寸大”料理再現! ハクミコサイズでごはんを作ろう!

    など、楽しい企画&貴重な情報が満載。本編そしてテレビアニメを楽しむ際には必携の1冊です。

    【感想】

  • アメリカオオカミの写真があまりにもかっこよくて高貴なのでこれだけで「☆5つ!」となりました。もちろんこの本の魅力はそれだけではありません。読めば読むほどこの漫画の世界が好きになるし、この世界で暮らすキャラクターそれぞれの生き方や魅力があり、好きなセリフもあり......アニメで気になった人も私みたいに登場人物が増えてきてよくわからなくなっていた人にも是非読んでほしい一冊です。

  • イラストやら地図やら盛りだくさん!再現レシピ見てたら、きのこと芽キャベツのマリネが作れそうだからやってみたい。

  • よく有るコミックからのコピペや寄せ集めでは無く、人物像や色々な背景が新たに描かれている。
    A4サイズの大判で数千円で出されてもおかしくない物
    お手頃で掌サイズなのもこの作品らしくて良い

全12件中 1 - 10件を表示

ハクメイとミコチ ワールドガイド 足下の歩き方 (ハルタコミックス)のその他の作品

樫木祐人の作品

ハクメイとミコチ ワールドガイド 足下の歩き方 (ハルタコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする