乙嫁語り 10巻 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.36
  • (91)
  • (76)
  • (20)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 744
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047348295

作品紹介・あらすじ

4ヵ月の充電期間を終えて、連載再開した『乙嫁語り』! 第10巻の前半はカルルクが"男"になるべく修業をする"男修業"編。アミルの兄が暮らす冬の野営地へ行き、アゼル・ジョルク・バイマトの3人から鷹狩りを学びます。後半はアンカラへの旅を続けるスミスへ視点が移り、案内人アリとともに旅の様子が描かれていきます。お楽しみに!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頑張るカルルク、イヌワシたち、狼の横顔。
    眼福でした。

    鳥は空を飛んで生きるもの。
    馬は野にいるもの。
    狼は狼。
    揺らがないアミルも、とても美しいです。

    そして、まさかのタラスさん。
    良かったねえ…(T-T)

  • ストーリーも広大だけど
    絵が絵がすごい!相変わらずの描き込みで
    どれほどの時間が費やされているのかと思うと胸が痛くなる
    でも待っていましたよー10巻
    あまりというか全く知識のない中央アジア
    時代はほんの少し前なのに 遠い存在だった
    それを身近に感じさせてくれてありがとうです
    なんか不穏な匂いが漂ってきます
    どうか無事で
    カルルクもスミスもひ弱そうに見えて強いなあ
    すてきです
    ≪ 極寒の地にも覆うよ智恵と愛 ≫

  • ある因習、時代精神、または熱のような想いが軽々と人生を規定していくそれぞれの姿を描く第10巻でしたね。われわれと同じく近代的存在であり、読者と乙嫁世界を繋ぐ存在でもあるスミスが抱くなんともいえない感慨が、この巻の感想そのものだと思った。このところの乙嫁語りは姉妹妻やらパリヤさんの恋やらと躁状態だったような気がするのですが、渋かったです。

  • 購入>相変わらずの素晴らしい画力に美しい画。微細な部分迄描き込まれた画にうっとりするばかり。ほんとにこの先生は描くのが好きなんだと実感。
    そして今回は動物達を描きたかったんだとww特にイヌワシ。カッコいい♪素晴らし。
    歳の差婚のアミルとカルルク夫妻は変わらずの仲良しっぷりで安心安定。
    そして終盤に向けてずっとずっと気になってた、スミスさんと、あの美女未亡人との再会!!嬉し~♪待ってました!!と思ってました(*'▽')!!…思いがけずの再会とこれからが楽しみっす♪♪
    それにしてもタラスさんの恋も一途で可愛いし、彼女の行動力にも脱帽。そして何よりもそれにずっと付き合ってくれた、表面上ダンナさんが優しくて驚き。すばらし…ほんとに良い人で感動。。普通なら怒っても良いんだけど、なんて親切な人なんでしょ(´▽`*)。。

  • 不穏な世情の足音が…今後の展開が気になる。みんな幸せになってほしい。

  • 購入済み 読了

    内容紹介(BOOKデーターベースより)
    大迫力の鷹狩り! 12歳のカルルクが男を磨く、"男修業"編が描かれる。
    4ヵ月の充電期間を終えて、連載再開した『乙嫁語り』! 第10巻の前半はカルルクが"男"になるべく修業をする"男修業"編。アミルの兄が暮らす冬の野営地へ行き、アゼル・ジョルク・バイマトの3人から鷹狩りを学びます。後半はアンカラへの旅を続けるスミスへ視点が移り、案内人アリとともに旅の様子が描かれていきます。お楽しみに!

    カルルクの頑張り加減がすごい。
    相変わらずアゼルはクール。

  • 前半は未だに遊牧生活をしているアミルの実家・ハルガル家にカルルクが弟子入りする修行編、後半はスミスが遂にアンカラに到着する旅編。
    嫁がほとんど出てこない男だらけの巻だったけど、原点回帰したようで本当に良い巻でした。3巻のスミスの話が実にあっさりハッピーエンドに落ち着くところが作者らしくて安心する。それにしても、カルルクが妻に良い格好しようと頑張る脇で、ハルガル家3人組やアリさんとか男盛りのイケメンお兄さん達が貧乏ゆえに誰も結婚できていない現実、シビアな世界だ。

  • カルルクがアミルを守れる男になろうとして頑張っているところ,胸にグッときます.スミスさんもやっとアンカラに到着.突然のタラスの登場にこれ誰という感じ.すっかり忘れてました.

  • 早く一人前のなりたい若い夫、帰国するより写真を撮っておきたいイギリス人。皆、それぞれ頑張っている。

  • カルルクが頑張ってたり、スミスさんに急展開があったり。

全50件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1950年佐賀県に生まれる。中央大学卒業後、2007年まで東京都内の中学校において、心障学級・通級情緒障害児学級などを受け持ち、熱心な生徒指導で保護者からも信頼を集める。2007年にはkTC総合教育研究所所長となる。元屋久島おおぞら高校副校長。2012年、一般社団法人家族支援メンタルサポート協会を設立、理事長に就任。
現在は学びリンク総研所長・家族支援メンタルサポート協会理事長。専門分野は、家族カウンセリング・非行問題・子育て支援・発達障害・不登校問題等多岐にわたり、年間百回以上の講演を行うなど、全国を駆け回っている。

「2017年 『不登校・ニート・ひきこもりの家族に贈る 気持ちを切り替える力(レジリエンス)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

乙嫁語り 10巻 (ハルタコミックス)のその他の作品

森薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

乙嫁語り 10巻 (ハルタコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする