北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.22
  • (95)
  • (86)
  • (42)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1051
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047348318

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  入江亜季さんの新作!待ってました!良い!

     あとがきで、この作品が生まれた経緯を読みました。素敵な経験を経て描かれた作品なんだなぁと嬉しく感じました。

     まだまだストーリーは序章だけど、これからが楽しみです。作品を通してアイスランドにとても親近感が湧きました。いつか旅行してみたい。

  • 主人公は17歳にしてはかっこ良すぎる。祖父はその年にしてはかっこよすぎる。弟は男にしては小悪魔過ぎる。ヒロインは人間にしては神出鬼没で謎すぎる妖精。弟が悪魔?って、なんか最近他にもそういうのを引いたな。そういう好みだから引くのか?

  • ファンタジーとリアルの掛け合わせ具合が好き。アルナルデュル・インドリダソンの『湿地』『緑衣の女』でアイスランドと言う国の事に触れていたから、その時からアイスランドが気になってたし。

  • 主人公がかっこいいかと思いきや、可愛い所があって好感が持てる。
    コマ割りが細かいのでごちゃごちゃして見えるので、読んでて少し疲れるが、風景はきれい。
    ご飯が美味しそうだった。
    内容的には、まだプロローグ的な感じがあるので様子見で星3つ。

  • 美しい絵とミステリー。

  • 入江亜季さんのマンガ初見にして、鷲づかまれたー

  • 1話の感じで割とまったり話が進むのかと思ったら意外なくらいヘビーな内容になってきて驚いた。でも結構面白い^^

  • おすすめされて、あと立ち読みしたら
    絵がすき~~^O^だったので買った!!
    これから読む!

  • こういう話いいなあ、好きだな。主人公がかっこいい。おじいちゃんも素敵。弟くんが気になるので、次の巻も楽しみだー。

  • 絵がめちゃくちゃ綺麗で水や光の反射の描写にうっとりする。
    ファンタジックな能力設定のある、サスペンスなのかな?
    サスペンスというよりハードボイルドな感じがしたけど。

全56件中 21 - 30件を表示

北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)のその他の作品

入江亜季の作品

ツイートする