北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.22
  • (95)
  • (86)
  • (42)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1053
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047348318

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻はテンポが遅いながらもミステリー仕立てで先が気になる展開はとても良い。あと主人公のクールさはどこかで既視感があるなと思ったらジョジョ3部の承太郎だと気づく。キャラクターの今後の深堀りに期待。

  • 機械の声が聞こえる?少し不思議な力を持った主人公とアイスランドの魅力的な自然と暮らしが詰まったお話。探偵をする主人公17歳の慧がカッコいい(*´ω`*)圧倒的画力の入江先生最新作★

  • アイスランド島のカラッとした空気感や、そこに生命の力強さが絵から感じられてとても好き。だけど、不穏なミステリー部分にそわっとします。

  • 読了

  • 主人公がかっこいいかと思いきや、可愛い所があって好感が持てる。
    コマ割りが細かいのでごちゃごちゃして見えるので、読んでて少し疲れるが、風景はきれい。
    ご飯が美味しそうだった。
    内容的には、まだプロローグ的な感じがあるので様子見で星3つ。

  • 著者が舞台を実際に訪れ、そのテンションで描いたみたいだと感じたら本当にそうだったっぽい(あとがき)。情景や空気、匂いすら感じられるような描写の緻密さは素敵だけど、物語は展開・情報ともにふんわりしすぎていてわからない。様子見。

  • ああ,入江亜季だなぁ,って.「私も見る」三知鷹の隠し事とは!? 一巻にしていきなりそこまで迫るか.

  • "「あの子は無愛想だが それは
    火山にかぶさった氷河みたいなものだ
    本当はやさしくて 暑苦しい子だよ」"

    線がとても良い!
    続きが気になる。

  • これからどうなっていくのか楽しみ。
    主人公の弟が不気味な感じで少し怖かった。

北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)のその他の作品

入江亜季の作品

ツイートする