僕が僕であるためのパラダイムシフト

著者 :
  • KADOKAWA
4.59
  • (14)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 106
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047354432

作品紹介・あらすじ

「鬱は俺に言いたいことがあってずっと居たんだ!」 鬱病を克服した軌跡の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これはTwitterで紹介されて読んでぜひ紙媒体で読みたいと思った本。
    鬱の正体、鬱との付き合いかた、認知行動療法など。
    鬱の仕組みについてこれほど分かりやすく、しかも具体的に書かれたものを読んだことがなかった。
    パートナーのあーちゃんの論理的な対処法に感心したし、洋介は鬱を治さない決心をしているってのもふに落ちた。
    ムスメに読ませたら案の定、一気に読んで「面白かった」と。

  • 本心を虐待しない。話を聞いてあげる。

    本心を大切に尊重してあげる。
    気持ちと事実は違う。

    本心は、過去も未来もどうでもよくて今にしか興味がない。それを尊重する。

    本心をじっくり聞いたろう。

  • 随分前に読んだことがあったけど再読
    わかり易くて、納得出来る
    わたしはわたしを虐待しないように

  • コミックエッセイ「子宮の中の人たち」で話題を読んだEMI最新作!「鬱は俺に言いたいことがあってずっと居たんだ!」 鬱病を克服した軌跡の物語。(e-honより)

  • Twitterで全話読んだのだが、書籍になっているのを知り購入。
    鬱と20年くらい付き合って、克服した話。漫画にすると伝わりやすく、重苦しすぎなくて良いなあ。

    「鬱は自分が起こしている」「不快がある状態を改善しないのは自分に対する虐待」は衝撃だった。

    「自分なんかいいんだ」と仕事などを優先で自分を後回しにする人に伝えたい。自分も昔そうだったけど。

  • すごくインパクトある。
    どこまで事実かはわからないけど、うつを治すための試行錯誤のあれこれはなるほど感。NLPは、うまく行けば認知の歪みを変えられるいいものだとは思う。

  • ここ半年で自分自身の中で気づいた変化と全く同じ過程を主人公が辿っていてマジでそれなと思った。本心を虐待し続けると自分が何か分からなくなるし人は簡単に心を病む。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

「OURHOME」主宰。17年間70冊にわたって「マイノート」に記した心の動きやアイデアをもとに、暮らしの情報発信とオリジナルの商品企画を行う。兵庫県西宮を拠点に代表である夫とスタッフ18名と運営。その他、レッスン、雑誌連載、企業との共同開発など多方面で活躍。マイノートのつくりかたを伝えるレッスンは約2000名が受講し、「ワークを通して自分の気持ちを深堀りできた! 」と好評。これまで『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』『揺れ動く今 みつけたいわたしの真ん中』(ともに大和書房)など著書18冊。累計部数54万部。2009年生まれの双子の母。

「2021年 『続けるほど、毎日が面白くなる。もっともっとマイノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

EMIの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×