山を渡る -三多摩大岳部録- 3 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.13
  • (7)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047361058

作品紹介・あらすじ

山岳部の新入生3人娘に、先輩が掲げた次なる課題は「テント泊」! 山でごはんを作るのも、夜を明かすのも初体験! 奮闘と興奮の果てに全員で朝日を見た時、新入生の南部は思わず涙をこぼす――「ひとりじゃこんな体験、きっとできなかった」。
大学の山岳部員たちの登山活動記、待望の第3巻。全3話の「雲取山テント泊」編のほか、毎巻恒例・先輩3人によるハードな岩登り回ももちろん収録。今回挑むのは、多くの遭難者を出す事から“魔の岩壁”と称される谷川岳 一ノ倉沢・烏帽子沢奥壁。普段は「優しい部長」である黒木の登山魂が、剥き出しになる……!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回は南部ちゃん…。の後の、黒木…。全体的にわちゃわちゃして常に楽しい漫画だけど、締めるとこは締めてて、それも素人を諭すような表現じゃなくて、それぞれの楽しみ方を見つけて導いてやるような描き方をしていて。素敵な漫画だわ。

  • ■書名

    書名:山を渡る -三多摩大岳部録- 3
    著者:空木 哲生

    ■概要

    山で友達と朝を迎える――こんな体験、ひとりだったらできなかった。

    山岳部の新入生3人娘に、先輩が掲げた次なる課題は「テント泊」!
    山でごはんを作るのも、夜を明かすのも初体験! 奮闘と興奮の果てに
    全員で朝日を見た時、新入生の南部は思わず涙をこぼす――「ひとり
    じゃこんな体験、きっとできなかった」。
    大学の山岳部員たちの登山活動記、待望の第3巻。全3話の「雲取山テント泊」
    編のほか、毎巻恒例・先輩3人によるハードな岩登り回ももちろん収録。
    今回挑むのは、多くの遭難者を出す事から“魔の岩壁”と称される
    谷川岳 一ノ倉沢・烏帽子沢奥壁。普段は「優しい部長」である黒木の登山魂が、
    剥き出しになる……!
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    順調にステップアップしてきて本巻では、とうとう山で一泊しての登山となります。
    楽しさだけではなく、厳しさもしっかり描きながら、本作ではモフモフも取り入れて
    ますます面白くなっていきます。可愛さ、かっこよさに媚びずに登山を面白く描いて
    いる腕は流石です。
    この漫画、面白い。本当に面白い。
    年に一回しか発売されないからなかなかヤキモキするけど、次の巻も楽しみ。
    ハルタコミックは面白い漫画が多い。よくしっかり作家さんを見つけてくるな~

    早く次が読みたい!!

全2件中 1 - 2件を表示

空木哲生の作品

ツイートする
×