ダンジョン飯 9巻 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.23
  • (63)
  • (71)
  • (26)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1095
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047361164

作品紹介・あらすじ

"王となれライオス"
迷宮の深層部で重傷を負ったライオスの前に
ついに伝説の翼獅子が現れ告げる。
狂乱の魔術師を倒し、黄金城の新たな主になる運命をーー!

一方、カブルーとカナリア隊隊長・ミスルンは、
迷宮の底で、魔物を食べながらのサバイバル生活を送っていた。
ミスルンが語る、迷宮の本当の姿とは?
そして、彼の壮絶な過去とは……!?

運命が交錯する、第9巻。
描き下ろし漫画[モンスターよもやま話]も、もちろん収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ギガ ヘプタヘッド マルシル !

    ギガ ダブルへッド フレイムアイス センシ !!
    ギガ ダブルへッド フレイムアイス チルチャック !!!
    イヅツミ !!!!


    …ライオス…頭が増えるとカッコいいと思ってるんだね…。いやそれより!なんなの深層心理ではマルシルが好きなの一緒に魔物になってほしいとか思ってるのその赤らめ顔はいったいどういう牙笑顔のマルシル可愛い(早口)

    と言うわけでライオスが人の道を踏み外そうとずんずん進む第9巻。
    代わりにカプルーが秩序側でがんばっていて主人公めいて来ました。
    話扉のチビキャラが可愛いです。


    美味しそうな魔物料理が出てこなくて寂しい感じですが物語的には佳境?この先どうなるのかとドキドキします。
    魔物の生態について理屈を付けて、それを戦いや料理に活かすというのがこの作品の面白いところ。
    迷宮とは何かという謎も少しずつ明かされてきて世界の深まりが楽しい。

  • 今回も面白かった。
    サキュバスにやられたところが笑えた。自分なら絶対に身内に見られたくないなぁ。
    ダンジョンはこの先どうなるのか。続きが気になる。

  • さぁ物語が複雑になってきました~現在、過去、未来(^^♪
    マルシルが冒険仲間になった理由。
    対サキュバス戦で判明するイヅツミの過去。
    有翼の獅子が示すライオスへの期待と未来。
    そして共に行動するカブルーが知るミスルン隊長の壮絶な過去。
    自己中心的なイヅツミが自分のことをやっと知り、
    夢の中で有翼の獅子と対するライオスは黄金郷を観る。
    実は世話焼きのカブルーはミスルン隊長から悪魔の存在を聞く。
    ・・・え、ちょっと待ってよ!有翼の獅子の言葉に混乱。
    この国の救世主・・・王って、黄金城の王なのか?
    それとも迷宮の王国の王・・・つまり迷宮の主なのか?
    なかなか意味深な進行になってきましたが、
    対サキュバス戦は楽しませてもらいました。
    マルシルの趣味、大爆笑!・・・で、何歳なの?

  • 今回のヒット(笑)=「(マルシルの)趣味が 悪い」(チルチャック)。イヅツミの半身サキュパスの好み(大黒豹系?魔物)カッコ良かった。

  • いよいよダンジョンの謎が詳らかになってきてワクワクが止まらない。作画もデビュー作から高いレベルで安定していて、特に実在しないモンスターたちの今にも動きそうな姿が目の潤いだし、初めての長編作品なのに中だるみもせずぐいぐいと引き込まれるので、漫画として大変素晴らしい具合に仕上がっている。10巻も買います。

  • ライオスとマルシルとの出会い。
    イヅツミの活躍。
    ライオスがサキュバスの幻覚で見たのはあの人。
    有翼の獅子がライオスに言う言葉。
    カブルーとミスルンの噛み合わないコンビ。
    ていうかミスルンって男性だったんだ。
    ミスルンの見たヤギ……。
    などなど、全然間延びしないこの面白さって何なのよ。もう。

  • あらゆるダンジョンには、人を引き付ける魅力がある。
    そんな理由がようやくわかった。

    精神的な攻撃をしてくるモンスターが多い。
    ダンジョン攻略にはメンタルも大切。

  • ライオスとマルシルの出会いの回想から。

    サキュバスの回の、マルシルの理想像がひどいw
    「趣味悪い」のコマがめっちゃ面白かった!

    シェイプシフターに会った時のミスルンが記憶してるカブルーも酷くて笑えましたw

  • 結局面倒見いいよな。理想のタイプと理想の世界。隊長の介護、甲斐甲斐しくて可愛い。

  • 圧倒的に絵が上手い。

全44件中 1 - 10件を表示

九井諒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンジョン飯 9巻 (ハルタコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×