繭、纏う 3 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.18
  • (5)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 106
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047361546

作品紹介・あらすじ

「繭、纏う。少女たちは透明になる。」

星宮女学園高等学校。
少女たちが纏う伝統の制服は、髪でつくられている。

ある日「最も美しい髪の少女」が、その髪とともに学園から消えた。
その消失を憂う「学園の王子」華。そして、華を密かに想う洋子。
少女たちの心の糸が絡みあう・・・・・・。

耽美な世界観で紡がれる、まばゆく切ないガールズラブ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 髪で、制服を作るって、とても素敵な物語だと思い、手に取りました。
    少女たちの、葛藤が、苦くて、でも美しくて、読む手が止まりません。
    彼女たちが、これからどうなるのか、楽しみで仕方ありません。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2015年、月刊コミックビームから『米の回路』(原作:河井克夫)でデビュー。2017年には、初単行本『熱海の宇宙人』を刊行した。2018年より、初連載作『繭、纏う』を月刊コミックビームで連載中。

「2021年 『繭、纏う 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原百合子の作品

繭、纏う 3 (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×