ヒナまつり 19 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.15
  • (10)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 152
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047361713

作品紹介・あらすじ

さぁ、舞台は整った。
ロックージョンをぶっぱなして未来を変えろ!
三嶋瞳CEO主催の音楽フェス「SUPER SUGEE FESTIVAL」で
サイキックガールズたちが渾身の演奏を見せる!

10年に渡り連載してきた新田とヒナの物語もこれで完結。
別れはつらいけど、最後はド派手な祭りでサヨナラだ。

2話連続でのエピローグ、そして描きおろしによるキャラクター紹介、
単行本未収録イラストなどを収録。
大ボリュームの最終第19巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 個人的に大好きな漫画。終わったということが感慨深い。ロックージョンが最終的にどうなるか気になっていたがいつもどおりのハチャメチャな感じで終わって笑えた。ひなも超能力を持っているからと言って特別すごいことをしているわけでもなくて、逆に超能力を持っていない瞳が世界を動かしているという結局はなかの人次第という後日談でひなまつりらしいなと感じた。

  • なんやかんやで非常に良かった。
    平和な未来が来たのヒナは59歳まで
    ニートなのは間違いない。
    ということは。。。
    仁志くんは最後まで報われないわけですな。

  • Kindleで半額セールやってたのでレビュー見たらとんでもなく高かったので1冊だけ買ったのがきっかけ。秒で全巻買うことに。
    これだけマンガで爆笑したのはいつぶりだろうか。思い出せない。笑い方を忘れてると自分で感じたほど笑いまくった。
    アンズがお気に入り。

  • いい大団円だったと思う。ヒナが娘らしく成長しているのも見応えがあった。もうちょっとエピローグ欲しかったけど、うまくまとまっていたと思う。

  • ヒナちゃんの成長に作者さんと新田さん同様、
    胸が熱くなりました。
    もうすっかり父親になっている新田さんが微笑ましい。
    これまでの登場人物たち大集合!という、
    愛ある最終巻で、ほっこりしました。

  • 完結巻。最後までずっとゆるくて良かった

全7件中 1 - 7件を表示

大武政夫の作品

ヒナまつり 19 (ハルタコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×