Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 02

著者 :
  • KADOKAWA
4.80
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047361751

作品紹介・あらすじ

2018年。ダンジョン攻略が当たり前になった世界。
元社畜の脱サラリーマン芳村は不幸?な事故によって最強スキルを手に入れる。
のんびり生活を求めて金稼ぎのためにダンジョン探索をするが
気づけば国際レベルの要注意人物に!
憧れのスローライフが遠のくなか、幻のスキル「異界言語理解」採取を依頼され
ついに芳村はダンジョンの深層に潜入。しかし、それが世界にさらなる波紋を生む結果に!?

大人気のSFファンタジー!第二弾

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世界中にダンジョンができて3年。ある出来事からダンジョンで「稼ぐ」ことができることになった理系男子&女子(恋愛なし)のお話。やっぱしおっもしろーい!理系な「検証したがり」にところもツボなんだけど、やっぱりこの淡々とこなす感じが好き。チートではあるんだけど、チートの使い方が、大人はこうなんだ!みたいな。

  • 感想は、書籍版発売時点で公開されているウェブ版を読んだことを前提に書いているので、ネタバレが嫌な人は読まないようにお願いします、ある意味自分用のメモも兼ねています。

    本の続きをウェブ版を読んでしまったので、積んでた40話ぐらい(§161で止まってたのを、$200まで)も一緒に読んだせいで、どこまでが2巻の範囲だったかわからない状態になってしまったので、感想は改めて追記しようと思う。

    とりあえずプロローグの宗教団体がウェブ版の最新のあたりで出てきて驚いた。結構話の順番を変えている気がするが、いつも日付の部分を飛ばしてしまっているので、はっきりしない。あとで見比べてみたい。

    ■追記20200817
    結構ちょこちょこと変更がある、会話のテンポをよくしていたり、文章の構成は変更されたりしているが、日付はいじってない。先に言ったのは間違いだ。まぁリアルとイベントとか同期してるし、下手に変えにくいとは思う。

    プロローグの部分は、ウェブ版の
    §172 intermissions
    を加筆したもので、いきなり2巻にぶっこんで来たなぁ。かかわりが深くなるのだろうか?
    さりげなく、鑑定取った後の回復魔法の話しのあたりにも足されている。

    大きく加筆されている1つが、異界言語理解のスキルオーブに対する各国のスタンスなどの描写。
    スキルオーブに対する斎賀課長の暗躍度があがってて、できる男度が飛躍的に上がってる。

    それに関連して、各国の斥候などとの追っかけっこの描写がかなり増えていて、面白い。まぁだいたいひどい目にあってる
    また、ロシアの暗殺行動がより顕著になっている。

    ウェブ版でハイディングシャドーのあたりは唐突さがあったけど、やり取りが増やされて自然な流れになっていた。

    それとそれなりに重要な要素で、こっそりとマイニングの仕様が追加されてる。現時点ではまだ出てないけど、ダンジョンの性質を考えると、たしかにその方が自然かもしれない。

    web版で言えば、§038〜§062+§172の範囲。

    ■さらに追記。
    2020年11月末までであれば、帯に特典小説が読めます。
    帯に書かれているなんて全く気がつかなかった。ウェブ版の2巻の記述の違いを見比べてた時に、特典の告知の話数の感想欄をなんとなくみたら、誰かが帯にあるって書いてくれていた。帯なら帯って書いて欲しい。特定のショップ限定の特典かと思った。

    かなり長い作品で、SSを軽く超えてます。ただ、時系列的にはweb版の最新話より数ヶ月先を行っているはずですで、書籍2巻の特典とは思えない感じです。みかんの件も出てきますし。。。あと、ちょっと。。。じゃないね、かなりメタ色強い。作者も出てくるし。けど、ああいう持って行き方おもしろい、ニヤッとするね。
    それにしてもあの話しで、オーブ使っちゃうけど整合性はどうなるんだろう。
    芳村に仕掛けるには、さすがにあれはやりすぎというかリスクがかなり高い気がする。死人でちゃうよ!if的な話しなのかな。

    ■さらにさらに追記。
    http://d-powers.com/
    の小説内で登場するドメインをつかって、小説サイトがあるが、そこの副読本で特典小説の解説があるので、読んでから見てみると面白い。。。かもしれない。
    そこに日付が出ていて、2019年8月8日〜10日の出来事だったみたいだ。書籍版でも2018年11月30日、ウェブ版でも現時点で2019年3月21日なので、かなり先の話しだね。

    ■追記20210425
    異世界言語理解のオークション開催後ダンジョン逃避行で、ウェブ版では
    緊急の連絡方法は、鳴瀬さんだけに教えておいた。
    とあるのが、書籍版では
    ダンジョンを出た後の連絡方法を伝えた
    に変わっている。緊急連絡ってどうするんだろうなって思ってたので、妥当だとは思ったのだが、斎賀課長との会話で連絡は取れるのかという質問に、
    緊急時は一応
    と答える部分は、変更されずに残されている。これって変更忘れなのか、それとも本当に緊急連絡方法があるのか。どっちなんだろうね

    310ページで、いきなりDファクターって三好が言うけど、Dファクターと呼称しようって論議は3巻に出てくる。上記はまだしも、これってチェック漏れだね。

    パーティ効果で
    ・ステータスに+5%の補正がかかる
    がなくなってパーティメンバーに影響を与えるスキルアイテムの存在の示唆に変わっている。補正なんでなくなったんだろうね。鑑定とかなんらかで計算するのが面倒になったんだろうか。

  • 【書誌情報】
    書名:D-Genesis ダンジョンができて3年 02
    著者:之 貫紀[この・つらのり]
    イラスト:ttl [とたる]
      https://ttl-sh-9.tumblr.com/
      https://mobile.twitter.com/ltt_ttl
      https://www.pixiv.net/users/2586703
    装幀:騎馬啓人(BALCOLONY.)
    編集:ホビー書籍編集部
    出版社:KADOKAWA(エンターブレイン)
    発売日:2020年8月5日
    判型:B6版
    頁数:432
    価格:本体1300円(税込1430円)
    ISBN-10:4047361755
    ISBN-13:978-4047361751

全4件中 1 - 4件を表示

之貫紀の作品

ツイートする
×