賢者の孫13 雷轟電撃の魔竜討伐 (ファミ通文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047361867

作品紹介・あらすじ

国交を結ぶため東方の国クワンロンに向かったシンたちアルティメット・マジシャンズ。オーグが政治家ハオとの交渉を進めていると、近隣の村が魔物化した竜に襲撃されているとの報せが届き、すぐさま討伐に向かうことに。そしてシンたちが討伐を終えると、シャオリンから「竜の襲撃はハオの策略かもしれない。彼は強力な古代兵器を隠し持っている」と聞かされる。古代兵器をシンが調べると『電磁誘導』という文字が浮かび上がり……!! ハオの目的とは一体!? そして兵器を生み出した転生者とは!? 大人気ファンタジーライフ、第十三弾登場!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さっさと中華帝国から引き上げて欲しいな

  • 主人公の正体もうすうす仲間にバレつつ、でも自重しないせいだろからな。
    いつもの感じで。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

元々はナレーターを目指して上京し、一応プロにはなったが鳴かず飛ばず。そろそろ潮時かと思っていたところに、趣味で小説投稿サイト『小説家になろう』に連載していた『賢者の孫』が編集者の目に留まり小説家デビューする。予想外の出来事に本人が一番困惑している。

「2016年 『賢者の孫5 狂瀾怒濤の三国会談 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉岡剛の作品

ツイートする
×