双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。 4

著者 :
  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047362116

作品紹介・あらすじ

新天地に辿り着き、仲間たちと新たな村づくりを始めたレルンダ。
自分の力が起こす不思議な現象に、『神子』であると自覚し始めた一方、『神の娘』と呼ばれている民族の少女フィトが自分と似た存在なのかが気になる。
フィトの正体を確かめようと思っていると、村に新たな訪問者が!
双子の姉が『偽神子』だと気づいた神官イルームがレルンダを探しに来たのだ。
彼はレルンダを強制的に大神殿へ連れて行く気なのか、それとも――?

『神子』の立場をめぐって双子の姉妹に急展開が訪れる第4巻!

著者プロフィール

2015年「転生少女は自由に生きる。」で出版デビュー。趣味は読書とゲーム。

「2020年 『妃は陛下の幸せを望む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池中織奈の作品

双子の姉が神子として引き取られて、私は捨てられたけど多分私が神子である。 4を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする
×