影の英雄の日常譚 2 勇者の裏で暗躍していた最強のエージェント。組織が解体されたので、正体隠して人並みの日常を謳歌する。

著者 :
  • KADOKAWA
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047362123

作品紹介・あらすじ

勇魔大戦後、いまだ荒れすさむ世界で暗殺稼業から足を洗い
平穏に暮らす最強の元・代理人(エージェント)トゥエイト。
仲間と日常を守るため、再び影として悪と戦うトゥエイトの前に
元仲間の暗殺組織がミゼを狙って襲い掛かる。仲間を守るため、
最強最悪の敵と世界を相手に命を懸けた逃亡劇が始まる!

著者プロフィール

ライトノベル作家。主な著書に、『聖なる騎士の暗黒道』『影の英雄の日常譚  勇者の裏で暗躍していた最強のエージェント。組織が解体されたので、正体隠して人並みの日常を謳歌する。』などがある。

「2021年 『人脈チートで始める人任せ英雄譚 ~国王に「腰巾着」と馬鹿にされ、勇者パーティを追放されたので、他国で仲間たちと冒険することにした。勇者パーティが制御不能で大暴れしてるらしいけど知らん~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂石遊作の作品

影の英雄の日常譚 2 勇者の裏で暗躍していた最強のエージェント。組織が解体されたので、正体隠して人並みの日常を謳歌する。を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×