悪役令嬢レベル99 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~ その1 (B's-LOG COMICS)

著者 :
  • KADOKAWA
3.81
  • (4)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 121
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047362161

作品紹介・あらすじ

RPG系乙女ゲームの世界に「悪役令嬢ユミエラ」として転生した私。
本編ではショボキャラのユミエラだが、実はエンディング後には裏ボスとして再登場し、勇者と渡り合う超絶ハイスペックキャラなのだ!!
ついゲーマー魂に火がつき、両親に領地で放置されているのを利用して、鍛えて!鍛えて!!鍛えまくった結果……
学園入学時に私はレベル99に達してしまっていた。
目立たず平穏に過ごすつもりが、入学早々ヒロインや攻略対象たちに『魔王』と疑われてしまい…?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  ネット小説出身、書籍化済みの悪役令嬢物のコミカライズ第一弾である。
     乙女ゲーの裏ボスとして君臨する(予定の)主人公・ユミエラ・ドルクネスに転生したゲーマー主人公が、レベル上げにハマってゲームスタート時点でLv.99となっている展開の、コミカルなスタイルの物語である。

     王道の乙女ゲー悪役令嬢物ストーリーの原作を、非常に丁寧にコミカライズしてある本作は、まず絵が上手い。
     キャラ絵はラインが綺麗で、コミカルな表現も達者。
     メイド服や、あるいは王妃陛下の衣装など、世界観設計における小道具の描写なども細やかで、彩りを添えてくれている。
     コミカライズとしては一級品と見て間違いないだろう。

     一方で、これはコミカライズの宿命ではあるが、丁寧であるがゆえにテキスト量が多すぎる嫌いも否めない。
     もう少しバッサリ行ってもいいのでは……と思わないでもなくて、描写の質とは別に、テキストの多さが読書の重さに繋がっている印象だ。
     加えて、コマ割りもやや硬めで、絵で魅せようというコマが少ないのも気になるところである。

     というわけで、個人的には星四つ半相当と評価したいところ。
     面白いのは面白いので、念のため。
     絵も刺さるもの多くて(扉絵のメイドさん二種が素敵過ぎる)、やや惜しさを感じている次第である。

  • なぜに悪役令嬢が魔王よりも最強な裏ボスになったのか…。といっても悪いことは何もしていないのだけど、猫にもヒロインちゃんにも嫌われて可哀想なユミエラ。表情が微動だにしないのに結構心の中は表情豊かでそのギャップが可愛いです。レベル上げしすぎて魔王を瞬殺しそうで怖いなぁ。それも面白そうだけど。

全2件中 1 - 2件を表示

のこみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

悪役令嬢レベル99 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~ その1 (B's-LOG COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×