狼は眠らない 04

著者 :
  • KADOKAWA
4.57
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047362376

作品紹介・あらすじ

《眠らない迷宮》と呼ばれるツボルト迷宮に挑んだレカンとアリオス。
最強の武器を手に入れるため迷宮踏破を目指して進んでいくレカンは
ニケの愛剣である《彗星斬り》を手に入れる。
ついに最強の剣を持つことができたと喜ぶレカンに剣を賭けて決闘の申し込みがくる。
その相手は同じ《落ち人》の冒険者ゾルタン。
己の強さと自由を求めて<狼>は戦うーー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • えーと?
    あとがきを読むと書籍版はこれで終わりって??
    書籍化打ち切りですか(T_T

    書籍書き下ろしの短編や物語の雰囲気に添った挿絵の素晴らしさ、
    なにより紙媒体が大好きだっただけに残念です。
    続刊を希望しますッ!!

    今巻の目玉はなんといっても"同郷の"骸骨鬼ゾルタンとの邂逅でしょう。
    自分以外の、黒穴経由の人間に会えることが証明され、ボイドもなんだか同時代に飛ばされている模様。そのうち会えるってことでしょうか。
    でも、そのときが来たとして、ゾルタンと同じような結末を迎えるのかな。
    そして眠らない迷宮と名高かったツボルト迷宮を眠らせてしまったレカン。

    この作品のいいところは、主人公が無類の強さを持ってはいるものの、それは決して無敵ではないというところと、その主人公の強さは、本人の努力で培ったものだということ。
    転生物は世に氾濫していて食傷気味ですが、この作品は転生というより転移なので、
    レカンの強さも、彼の今までの人生(元居た世界)で培ってきた強さだという裏打ちが物語にあり、それが他作品とは一線を画しているところではないかと思います。
    そしてなにより、文章の端正さが好きです。

  •  惜しくも打ち切り完結が決まってしまった、孤高の狼の物語シリーズ4巻である。
     かつての友人との因縁深き経緯の描写(書籍版での加筆)や、次に始まる狼の花嫁にまつわるエピソードの未収録など、本当にここでの完結は惜しまれるべきところだ。

     それはさておき、この巻では剣の迷宮・ツボルト迷宮での探索が完全収録されている。
     愛剣とすべき剣を求めて至った迷宮だが、同種の敵(幽鬼)しか現れないかなり特殊な迷宮の探索劇は、こうしたゲームライクな中世ファンタジー風物語ジャンルでも特筆すべき内容だろう。
     同じような敵との対戦を相手に何度も何度も何度も描ける筆力のある作者は、おそらくそんなに居ないに違いない。

     別パーティとの連携や決戦と言うべき強敵・ゾルタンとの対決、そしてその末に見せたレカンの「剛剣」への成長ぶりを見せる一幕など、完結巻として不足はない。
     地味に酷いオチである「いつもオレの後ろには真の迷宮の主がいたんだ」(P.430)なども、良い落としだったなと。

     刊行の断絶は惜しまれるが、それとは別にこの巻は星五つで評価したい。
     楽しい読書をありがとうございました。以降のレカンの冒険についてはネット連載で楽しませていただきます。


    (なお、ネットに詳しくない方のために、老婆心ながらネット連載のアドレスを付属しておくので、参考にしてもらいたい。

    https://ncode.syosetu.com/n3930eh/

     この巻が39話までを収録し、以降もネット上では2021年3月時点で53話まで連載が続いている。
     書籍版で書き下ろされていたユフの因縁なども、こちらではすでにエピソードが描かれているのでなおさらお勧めしたい)

  • 完結……完結かあ。冒険者というにはかなりなハードボイルドなレカンの活躍が書籍で読めないのは残念です。支援BISさんの作品はもう読めないのかなあ。
    今回は辛い展開もあり、でしたが、レカンとしては後悔すべきなことでもなく、しみじみと読めました。

全3件中 1 - 3件を表示

支援BISの作品

ツイートする
×