ライカの星 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
3.45
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 91
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047362703

作品紹介・あらすじ

不条理に抗って生きる、すべての者へ捧げるレクイエム。

1957年のソ連の実験によって、スプートニク2号に乗せられ、宇宙に放たれた犬・ライカ。
彼女は冷たい暗闇の中でその命を失うも、突如現れた神から新しい体を与えられる。
人間への復讐に燃える彼女は、種を増やし、文明をつくり、凄まじいほどの軍事力まで手に入れた。

数年後、ライカは仲間の犬を引き連れ、母星・地球にむけて出発する。
自分を追いやった人類を滅ぼし、再び故郷で暮らすために――。

「生と死」、「愛と憎しみ」など、心を抉るテーマに果敢に挑んできた吉田真百合のデビュー作。
ポップで親しみやすい絵柄と、心の奥底にある欲望を描いた内容とのバランスが癖になる、
唯一無二のピュアでダークネスなコミック!

表題作に加え、掲載時反響の大きかった「愛の焦土」など3本の読切も収録した、豪華特厚224P!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ちょっと切なくてちょっとおかしくて犬と宇宙が多め。絵柄もお話もとっても好みでした。装丁も素敵。

  • 「ライカの星」
    犬はこんなにも人間を愛してくれているのに、人間はあまりに無責任ではないか?

    「さようなララバイ」
    これはよいオカルト。
    子どもの頃に抱く死への異常な忌避感。

    「海底着陸」
    犬はその一途さでもって心に住み続けるから……

  • 2021.3.7
    若い感性だなぁ、と思うけど「いいなぁ」と思った。狂気の無い人間もいないだろうし、健やかさだけで生きていけるわけでもない。振り幅だったり支離滅裂だったりしても、まぁそう言うもんだよなぁと思って読了したAM1:55。

  • スプートニク2号に乗せられた犬ライカが生き残り人類に復讐しようとする表題作などを納めた短編集。
    ライカの話ということで買ってはみたものの、正直期待はずれ。

全4件中 1 - 4件を表示

吉田真百合の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×