ゲイ風俗のもちぎさん 3 セクシュアリティは人生だ。

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047363908

作品紹介・あらすじ

ーーあたいらは、弱くても強かに生きる。

“普通”という言葉に、囚われてしまわないように。
“誰か”を知ることで、“自分”を知っていけるように。

これは“生きづらさ”を抱える、“私達”のお話。

「女性と結婚したゲイのお話」「HIVに感染したボーイのお話」
「男性に痴漢したお客様のお話」「外国人ボーイのお話」etc…

大人気コミックエッセイ第3弾!!

●著:もちぎ
Twitter @omoti194

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 元ゲイ風俗とゲイバーで働いていたゲイの”もちぎさん”のコミックエッセイです。

    一言にゲイやLGBTと言っても、性癖や人間性などは様々で、それはべつに"普通の人"と同じ。存在を否定されることは、誰だって辛い。そういうことがもっと認知されて「カミングアウト」なんてする必要がなくなればいいのに。

    もちぎさんは、親には恵まれなかったけど、仲間や友人に恵まれていて、そこがほっこりできます。

    ブログにて詳しいレビューしています*
    https://happybooks.fun/entry/2021/02/17/151715

  • なんというか、自分が知れない世界を知れる。
    確かに、エッセイは著者の主観が多いけれど、もちぎさんのはマジョリティな主観に感じるし、悪を感じさせない。 悪口だらけの攻撃的エッセイもあるからね。 あれは、あれでいろんな人の考え方を知ることができる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

もちぎ
作家。平成初期に生まれたゲイ。元ゲイ風俗とゲイバーの従業員。
現在は、猫3匹と一緒に暮らしつつ、2度目の学生生活に挑戦中。
2018年10月より開始したTwitterはフォロワー約58万人。
コミックに『ゲイ風俗のもちぎさん セクシュアリティは人生だ。』
(KADOKAWA)『ゲイバーのもちぎさん』(講談社)各シリーズ、
小説『繋渡り』(KADOKAWA)などがある。


「2021年 『悪魔の夜鳴きそば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もちぎの作品

ツイートする
×