午後9時15分の演劇論 1 (ビームコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
3.60
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047364042

作品紹介・あらすじ

某有名美術大学・表現学部・舞台コース(夜間学部)。
制作発表会に向けて集まった学生たちは、
ドロドロモヤモヤと腹にイチモツを抱えた「変わり者」ばかりだったーー。

元・引きこもりの役者。
有名劇団員の娘の舞台監督。
建築士の親を持つ舞台美術に、
大金持ちの衣装メイク……。

ひとクセもふたクセもある夜学生たちに、
自称天才演出家・古謝(こしゃ)タダオキ(19)が、
根拠のない自信だけを武器に立ち向かう!!

これが「学生演劇の作り方」!!
板の上に全てを懸ける、曲者たちの青春ソワレ、開幕!



●横山旬 ビームコミックス好評既刊●
『変身!(全3巻)』
『白い狸 横山旬作品集』
『あらいぐマンといっしょ 上巻』

●コミックビーム 公式ツイッター●
@COMIC_BEAM

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 演劇をやっている者なのですが、芝居を極める話なのかな?と思いきや演劇の舞台を作るとはどういうことなのか。何が起こるかと言う話で、リアルな感じが伝わってきます。

  • 才能の無い未熟な学生がたまたま演出になり、自分の力量を超えたところで制作が進行してゆくのを眺めつつ狼狽するというプロット。演劇マンガはいくつかあるが、時系列に沿った展開だと、「結果的になにもできない未熟な主人公」をひたすら追いかけてゆく話になる。スタッフとの齟齬などエピソードはあるものの、主人公が何もしない(できない)ので話が地味になる。映画だったら、クライマックスである本番の上演シーンをトップにもってきて、過去のエピソードをカットバックさせるなど帰納的演出をとるのではないだろうか。

  • とある美術大の表現学科の発表会。教授の書いた古い脚本の上演に挑む、舞台経験なしの演出。想いと理想と意気込みと、そこに突きつけられる「現実」…迷走のまま稽古は進み、そして幕は開く…! 主人公が「演出」という立ち位置の作品は珍しいですね。しかも未経験。そりゃまあ経験者だらけの現場で何が何やらわからないでしょう。キャスト&スタッフもくせ者揃いの模様。この舞台は?そして物語は?どう転がっていくのか楽しみです。

  • 根拠のない万能感と無力さと他人への関心の有無と。「まくむすび」に続いて現場がみえる演劇を扱った作品がようやく登場した。ノウハウが統一されていないせいなのか、芝居を観る層やる層が限られているせいなのか超人漫画しかない不幸。ぜひ育ってほしい。

  • 演劇の世界は全くわからんので
    初めて知る。
    こういう主人公だからこその
    先が分からないハラハラ感もあり

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

コミックビーム新人賞出身。『白い狸』でビーム本誌デビュー!! そのご数本の読み切りを重ね、『変身!』で連載開始。みずみずしい作風でファンを獲得しつつある。

「2017年 『あらいぐマンといっしょ 上巻 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横山旬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×