幼女信長の異世界統一

著者 :
  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047364417

作品紹介・あらすじ

本能寺で炎に包まれた信長は、寺内に運び込んであった火薬の誘爆によって粉々になった。
しかし、肉体は四散しても、魂は消えなかった。
信長の魂は爆発の衝撃でその肉体を飛び出し、異世界へと運ばれてしまったのだった。

異世界に落ちた魂は、今まさに死なんとしている瀕死の者の体に飛び込んだ。
その者の名は、ロゼリア・ロマネスコ。地方領主ロマネスコ家の長女だった。
そして転生したことを受け入れると同時に当主である父親が討ち死にしたとの報せが入る。
息つく間もなく、彼女は報復のために軍を率いて戦いに赴くのだった――。

著者プロフィール

1992年に『プリンセス・ミネルバ ウィスラー王国物語』で小説家デビュー。近年は『落ちてきた龍王と滅びゆく魔女の国』(MF文庫J)でヒットを飛ばす。ファンタジア文庫では2016年1月まで「ロムニア帝国興亡記」(全7巻)を刊行

「2017年 『東京廃区の戦女三師団3 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舞阪洸の作品

幼女信長の異世界統一を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×