異世界のんびり農家 09

著者 :
  • KADOKAWA
4.50
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047364554

作品紹介・あらすじ

魔王国の貴族学園の生徒たちが危険な森に迷い込んでしまった。
生徒の救出を頼まれた獣人族三人組は現場に急行するも、予想外の魔物が乱入してピンチに!
絶体絶命の三人組を助けたのは……!?
一方、“大樹の村”では天使族の長であるマルビットと、ティアの母親であるルィンシァが来訪し、ほかほかなコタツを占領していた。

シリーズ累計150万部突破!
スローライフ・農業ファンタジー第9弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回ものんびりとした村での生活風景
    キアービットとティアの母が村に来たり、ルーが飛空船を造ったり、獣人3人が貴族学園での生活がまた楽しかったり、、、
    いつの間にやら15年目の春
    子どもたち同士で婚約するとか、そんな話も出つつ、、、
    ようやく農業神女性バージョンが登場したり

    ヒラクの存在感はあいかわらず薄めだが、初期メンバーのティアとルーの活躍はうれしい

    以下再読のための備忘
    ・地面に伏せたルーが血を吐く幻覚
    ・「村長の奥さん」「いっぱいいるよ」(笑)
    ・料理長ゴール、女たらしシール、学者ブロン
    ・「皿の上に食材を置いたからって、それは料理じゃない!」
    ・「目的のためならどんな困難だろうと乗り越える人は、一般の人とは言いません」

  • いつもののんびり農家でした。と言うかいつもの展開が有難いし、嬉しい。しかしもう登場人物を覚えるのは早い段階で諦める(笑)。主要人物だけでも難しい(笑)。そして貴族語ヤバい。何故ああなるのか(笑)。次は4月かぁ。月初に欲しいけど、月末なんだろうなぁ…。

全2件中 1 - 2件を表示

内藤騎之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×