ロスト・ラッド・ロンドン 1 (ビームコミックス)

  • KADOKAWA
4.19
  • (15)
  • (23)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 243
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047364844

作品紹介・あらすじ

「人生なんて、たったひとつの出来事で変わっちまうもんだ」

ロンドン市長が地下鉄で何者かに殺害された。
偶然同じ電車に乗り合わせた、平凡な大学生のアル。
殺人事件の捜査にあたった、ワケあり刑事のエリス。
事件がふたりを引き寄せ、そして数奇な運命が廻り始めるーー。

ロンドン市長殺害事件を巡る、新感覚クライム・サスペンス、開幕。

「手を貸せ。真犯人を見つけるんだよ」



●コミックビーム 公式ツイッター●
@COMIC_BEAM

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • クライムサスペンスもの。
    すごくシンプルな表紙に惹かれて。

    「ロンドン市長殺害事件、容疑者は自分」
    過去の冤罪事件を悔やんでいる刑事エリスと、身に覚えのない事件の容疑者とされるアジア系青年が、ふたりで真犯人を探すという。まだ導入部分なのでどんな展開になるのか楽しみ。

  • めっちゃ絵がいい、セリフのテンポ感に引き込まれて一瞬で読み終わる

  • 想像以上の面白さ
    絵柄自体はオノナツメさんのような雰囲気だが緊迫感と古紙のような空気が流れてる

  • ロンドン市長暗殺事件を担当するエリス警部、容疑者に仕立て上げられそうな大学生のアル、利害関係が一致してタッグをがっつり組むわけでもなく、どこか乾いた空気が流れている辺り、海外警察小説が持つ雰囲気を醸し出していて、漫画も警察小説も大好きな私にはたまらない『ロスト・ラッド・ロンドン』

  • ジャケ買い。台詞回しとテンポが独特、コマ割りも印象的で独特、タッチも独特、全部好み!

  • ■書名

    書名:ロスト・ラッド・ロンドン 1
    著者:シマ・シンヤ (著)

    ■感想

    1,2巻、一気読みでした。
    書店でジャケ買いでしたね。久しぶりです、ジャケ買いは。
    ジャンルは、サスペンスですね。
    絵が日本では独特です。
    どちらかというとバンドデシネに近い絵柄ですね。
    個人的に好きな絵柄ですね。

    内容も面白いです。
    犯人がまだ出ていない人物なのか、すでに登場している人物なのか、
    現状では全然分からないです。
    ただし、雰囲気的に登場している人物であればこの人かな~というのは
    ありますけど。

    次で終わるのか、4巻まであるのか分からないですが、楽しみです。
    なんとなくですが、オノナツメさんを好きなら気に入ると思います。
    オノさんの方がセリフが優しいです。似て非なるものという感じです。

    次も楽しみです。

  • なんだかなあ

  • 独特の空気感は、
    海外ドラマを見ている感じ(見たことないけど)。

  • 青年
    俺のようになっちゃいかんぞ
    人生なんて
    たったひとつの出来事で変わっちまうもんだ

  • Twitterのタイムラインで見かけて絵とストーリーが気になってKindleで購入。市長殺しの犯人に仕立て上げられそうな移民の青年と、過去に冤罪事件を担当した刑事のバディもの(あらすじに書いてあったからネタバレじゃないよね?)シャープな絵柄と淡々とした登場人物たちの会話が心地良い。

    ストーリー展開が早く、サスペンスの割に緊迫した雰囲気は少ない。なんだかドラマのダイジェストを見ているような感じ。

    オノナツメの作風に近い。BBC制作の刑事ドラマとか好きな人は刺さると思う。

全14件中 1 - 10件を表示

シマ・シンヤの作品

ツイートする
×