ふつつかな供物ではございますが~山犬様と番の娘~ (eロマンスロイヤル)

著者 :
  • KADOKAWA
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047364875

作品紹介・あらすじ

「小鈴ぅ、お前、逃げようなんざ、滅多なことは考えんなよ?」
山犬の妖に供物として捧げられた不幸な娘・小鈴。
だが、彼女の前に現れた獰猛な山犬は、彼女を山中の家に連れ帰り、黒髪金目の男の姿に変じて見せた。
「お前は供物で、だから俺のもので、それで?」
「如何様にでも……」
そして、小鈴は昼も夜も問わず、激しく深く貪られることになる。
「お前は俺の番だ」
山犬の威早の小鈴への執着に供物以上の何があるのかと戸惑いを覚えるも、徐々に心を開いていく小鈴。
しかし、お山を揺るがす大事件が小鈴の身に迫ろうとしていた――。
大きな妖の山犬様に純な娘が身も心も溺愛される、もふもふ和風ファンタジー!

東川カンナの作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×