向井くんはすごい! 上 (ビームコミックス)

  • KADOKAWA
3.29
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047365483

作品紹介・あらすじ

向井ゆうきはゲイである。
それは彼のクラスでは、周知の事実であった。
彼に理解を示す友人もいる一方で、黒い感情に包まれる者たちもいる……。

友達。恋人。同級生。
でも、言えない気持ちは、みんな、みんな、たくさんある。

大人気WEB漫画が加筆修正のうえ、描き下ろしを加えて上下巻同時発売!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わぁ、みんな違ってみんな良い(みすゞ)の世界かと思ったら結構シュールな作品だった。
    犬好きがみんな良い人とは限らないのと同様、ゲイは博愛主義で聖母のような人格でなくてはならないってことは絶対ないけども。セクハラじみた発想はさすがにひきますわ。これ、結構伏線だったのかな…。
    デジタル化して身の回りはシンプルでインスタントになっていっているはずなのに、ますます複雑社会にのみこまれ、今まで蓋をされてきたものの答え合わせを迫られている時代になってきた(良い意味悪い意味どちらとも)。自分だったら小さなコミュニティで同じ趣向の人たちだけで完結した世界がいい。でも差別をなくすにはアクションを起こすのも大事だ。とかこんなん読んだら色々思考巡らせてしまう…

  • いろんな立場や考え方をもつ複数のゲイのクラスメートたちと、そしてゲイではない彼らの友達をまじえた群像劇。非ゲイのポジティブ少女などは、橋本治「桃尻娘」シリーズの系譜を引いているのかもしれない。複数の人物を描く、というよりも、ミドルティーンのゲイが感じる感情や体験、立ち位置などをいろんなキャラクターに割り振って群像劇のように仕上げているという感じがある。これは、たとえば田亀源五郎「僕らの色彩」などにもそのような印象がある。しかし本作ではキャラクターが典型に流れすぎることなく、ある空気を描くことが出来ているようにも思う。

  • SNSの人気ものでカムアウトしている高校生とそのクラスメイトたちとの複雑な関係性。ちょっと設定が作り事めいてファンタジーだなあ、と感じる私はきっと天邪鬼。

全3件中 1 - 3件を表示

ももせしゅうへいの作品

ツイートする
×