煙と蜜 第三集 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.50
  • (40)
  • (22)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 430
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047366169

作品紹介・あらすじ

「普段のお礼に」と名古屋観光へ誘い出してくれた文治。姫子にとっては街へ出る事も、文治との外出も初めての体験! けれど夢のような一日を過ごす途中で、姫子はある事がどうしても気になってしまい……。

12歳の姫子と30歳の文治の純愛物語、最新刊。広小路通りや名古屋城が描かれる観光回「栄華なる都市と悠久なる願い」をはじめ、第三集はふたりの世界が少しずつ「外」へと拡がっていく。姫子には尋常小学校で友人ができ、家へ招待するまでの仲に。一方で文治は、軍人としての彼を疎む者に新たな表情を見せる。そして姫子の祖父・敬次郎と文治が一局を交える回「歩と金」では、ついに婚姻の経緯が語られる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 煙と蜜 第三集 (ハルタコミックス)

    姫子と文治の許嫁の経緯を語るのは、姫子の祖父、敬次郎。
    時代の男の生き方とは言え、その熱望は孫への贖罪にとって変わるのか。
    文治はそれを知りつつ、姫子の想いをうけとめるのか?
    シチュエーションは違えど、互いに感じる歳の差は二人の壁にはならないよう。

    姫子の初めての友達、まだまだ子供、嫉妬心と羨望がない交ぜになる気持ちに戸惑う彼女たち。

    都落ちの言葉、姫子の帝都での暮らしは?名古屋に来た訳とは?
    これから語られるのを待ちましょう。

    #煙と蜜
    #漫画好きと繋がりたい

    #漫画倶楽部

    #漫画好き

    #漫画オタク

    #漫画

  • 今回も最高でした。

    結婚早くしないかな、でもドキドキしてる今の状態もいいな・・・

  • 接吻できるの!のシーンの女中さん達の「そっちか~!ビックリした~、良かった~」的な表情が面白かった。

  • 第二次世界大戦前まで10数歳差の見合い結婚はそれなりにあったのかなあ、1990年代まではテレビでこれくらいの年の差のご夫婦よく見た気がします。

  • 相変わらずの可愛い二人。
    今回は姫子のお友達が出てきてそれがまた可愛かった。
    お友達に許嫁を紹介して、名古屋の街でデートして、最後は熱烈ハグ…!!
    許嫁をネタに脅される文治もあったりして見たいもの盛り沢山の巻でした。

  • まあ、ロリコン疑惑を取りざたされても仕方が無いよね。そして、ちょっとへこんでる少佐がかわいい。それにしても、ふんどしがサービスショットなのね。まあ、この時代の女性のサービスショットってのは、……長襦袢とか?

  • この結婚がなぜ決まったのか、背景がわかる第3巻。

    それぞれに歳の差ゆえの複雑な事情や思いを抱えつつも、益々相思相愛…。
    なんだか照れるわ…(そこがいいのだけど)。

  • 文治様ギューって

  • 尊い
    釣り合いに悩むのは年の差の宿命です
    姫子さんが愛情と優しさで包まれてて安心する

  • 3巻も素晴らしく可愛くて癒された。
    文治さまの本気が見れたのも良かった。

全12件中 1 - 10件を表示

長蔵ヒロコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×