お飾り王妃になったので、こっそり働きに出ることにしました ~うさぎと一緒に偽聖女を成敗します!?~ (ビーズログ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.44
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 44
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047366664

作品紹介・あらすじ

恋愛的な好きかはわからないけれど、自分を想ってくれる夫ジークハルトと“いい夫婦”になろうと決意したロイスリーネ。
そこへ神殿からうさん臭い聖女がやってきた。
彼女はやたらとジークに色目を使い、リーネの心中はかき乱されるばかり。
さらに神殿を追放されたという別の聖女まで登場! 
しかも彼女はリーネのうさぎを見たとたん顔色を変え!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昼はウェイトレスとして過ごすお飾り王妃のロイスリーネ。
    今回は、胡散臭い神殿長と聖女がやってくる。胡散臭い聖女の名前が「イレーナ」と「イレーネ」で表記揺れしてるのがすごく気になってしまった。その胡散臭い聖女が、ロイスリーネを見下しながら国王ジークに色目を使い、ロイスリーネを苛立たせる。大人しくやられないロイスリーネは無自覚にギフトの力をばらまきながらしっかり反撃するのだけど(笑)
    ロイスリーネとジーク(人間)にもようやくちょっと進展があり、ヘタレジークがんばったなぁと微笑ましい気持ち。
    ロイスリーネのギフトについてのキーパーソンたちが合流したり、最後不穏な展開を予感させたりもするので、まだシリーズ楽しめそう。

  • 今回は小物退治。
    偽聖女と出世を企む大神官を退治。

    ロイスリーネのギフト『還元』と『神々の寵愛』の謎、ジークハルトの呪いについては今後のようです。

    うさぎのうーちゃんはカワイイ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ファンタジー小説や恋愛小説をwebにて発表。2011年、「勇者様にいきなり求婚されたのですが」にて「アルファポリス第4回ファンタジー小説大賞」特別賞受賞。2012年に同作品で出版デビューに至る。

「2020年 『聖獣様に心臓(物理)と身体を(性的に)狙われています。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

富樫聖夜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×