ハクメイとミコチ 10巻 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.68
  • (59)
  • (18)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 474
感想 : 19
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047367623

作品紹介・あらすじ

積み重ねてきた毎日はそのすべてが愛おしく、新しく始まる日々への期待に胸は躍る――『ハクメイとミコチ』は2022年に連載10周年を迎えます。“ありがとう”をいっぱい詰め込んでお贈りする第10巻!

謎の大工集団がハクメイを引き抜き? 「組合と師弟」、友×風呂×飯の最強幸せイベント・総勢8名による温泉旅「労いの宿」、そして初めて語られるハクメイの生い立ち「昔の話」。今巻はさまざまな“終わりと始まり”のエピソードを収録しました。ジャダのおっかなびっくり港町探訪回もあります、どうぞお楽しみに!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんか読むと目も心も潤う感じの作品で、好きです。
    やっと10巻がでたなあ・・。
    今回はみんなで盛り上がる場面があり、旅気分も味わえます。
    いいねえ、ちょっと飲んで、あったかいお湯に入って。

  • 世界観と絵が好きです。

  • 読了
    1回目 2022.1.20

  • 【あらすじ】
    積み重ねてきた毎日はそのすべてが愛おしく、新しく始まる日々への期待に胸は躍る――『ハクメイとミコチ』は2022年に連載10周年を迎えます。“ありがとう”をいっぱい詰め込んでお贈りする第10巻!
    謎の大工集団がハクメイを引き抜き? 「組合と師弟」、友×風呂×飯の最強幸せイベント・総勢8名による温泉旅「労いの宿」、そして初めて語られるハクメイの生い立ち「昔の話」。今巻はさまざまな“終わりと始まり”のエピソードを収録しました。ジャダのおっかなびっくり港町探訪回もあります、どうぞお楽しみに!

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • ハクメイが引き抜きされる話、みんなで温泉に行く話、種子帽子の話、ハクメイの生い立ちの話。

    みんなで温泉に行く話は、特にこれと言って何か起きる訳ではないんだけど、みんなでいるだけで、話してるだけで楽しい女子旅の楽しさを思い出しました。

    ハクメイは孤児だったのかー。
    生まれつきの根無草。
    でもマキナタに定住して、そこが故郷と思えているならよかったな。
    そのうち父様が訪ねて来ないかな〜

  • 漫画喫茶で読みました。

    雨宿りで歌の練習したりハクメイが石貫會 → 甲羅木組へ引き抜かれたり温泉回だったり、種帽子やハクメイの子供の頃の話。

    温泉回ですよ!
    女の子たちが全員スッポンポンですよ!
    不思議な湯気もないですよ!
    まぁ、体型がアレだし、実際は髪やタオルで隠されて尻くらいしか出ていないのだけど。

    昆虫のコハルに湯って危なくない?
    灼熱湯があるんでしょ?
    熱湯ってGすら殺すんだよ?

    若鮎の塩焼きがスゲェ。
    人間で言えばマグロの丸焼きが出てきたみたいなサイズだ。
    アレ、全部食べたんだろうか?

    っていうか、メチャメチャ楽しそう。
    読んでて自分も参加してる気になっちゃったよ。

    種帽子の設定は最初から考えていたことなんだろうか?
    あと、「帰らなくても大丈夫になった」はどういう解釈なんだろう?
    「もう慣れたから旅をしていても寂しいと思うこともない」なのか「ミコチと一緒に定住するから大丈夫」なのか。

  • 宿のガラスが歪んでるの、昔のステンドグラスとかが重力で垂れてくるやつくらい時間が経ってるってことなのかな
    1話のハクメイが歌ってるところにお茶を誘ってくれたひとが小説家でインスピレーションをうけて新しい作品が生まれたとか、前にも恋愛小説紹介されてたけどその作者か〜とか色々繋がってて良すぎる
    貝に行くのでお休みもいい
    ハクメイは薄明の意味なのかな 子供の頃の話、ジーンと来てしまうな

  • ハクメイの歌や昔話など、ハクメイがメインな巻でした。イワシとの会話や旅立ちのシーンが切なかったです。そのうち父様出てくるのかな。続きが楽しみです。

  • 今回はハクメイの生い立ちと、その名の由来っぽい話。帽子って言う設定一つで世界観広げてくるの、ズルい、かっこいい。

  • そういえば皆旅人で遠くからやってきた人達だったんだなと再確認。
    ハクメイが新たな一歩を踏み出したり、皆でワイワイやってて楽しそうだったり、ハクメイの過去が知れたりと盛りだくさんな一冊。

全19件中 1 - 10件を表示

樫木祐人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×