帝都物語〈7 百鬼夜行篇(ひやつきやぎようへん)〉 (カドカワノベルズ)

著者 :
  • 角川書店
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047778078

作品紹介・あらすじ

昭和30年代、東京-。60年安保阻止統一行動に向けて、学生運動は空前の歴史的闘争の様相を呈していた。一方、霊都・東京完全崩壊を企てる魔人・加藤保憲は自衛隊の情報将校に身を化し、作家・三島由紀夫を特別訓練生として招聘した。やがて"祖国防衛隊"を組織した三島は、世界統一の野望を果たすべく来日した謎の超能力者ドルジェフと対形する…。時代の熱い要請に応えて放つ、話題騒然の近代霊史シリーズ、衝撃の第7弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三島由紀夫が出るのであった。
     角川源義さんの方が桜を管理してゐるのであった。
     ドルジェフさんはロシヤ辺りの人なのだが、いろいろあって違和感ないけど英語で『ランドルフ・カーターの陳述』をやってゐるのであった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年、東京都生まれ。作家、翻訳家、博物学者、幻想文学研究家として、多彩な執筆活動を行う。シリーズで350万部を超える代表作『帝都物語』(角川書店)で日本SF大賞受賞。『世界大博物図鑑』全7巻(平凡社)ではサントリー学芸賞を受賞。おもな監修・著書に『モノのはじまりえほん』(日本図書センター)、『日本まんが』全3巻(東海大学出版部)、『すごい人のすごい話』(イースト・プレス)、『サイエンス異人伝』(講談社)、『江戸の幽明』(朝日新聞出版)など多数。

「2018年 『しらべる・くらべる・おぼえるチカラが身につく! うんこ図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

ツイートする