不思議な少年第44号

  • 角川書店
3.14
  • (4)
  • (2)
  • (19)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 60
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047912182

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「トムソーヤの冒険」のマーク・トゥエインさんの作品。全然イメージ変わりました。

  • 積ん読チャレンジ(〜'17/06/11) 26/56
    ’16/12/13 了

    今はもう潰れてしまった古本屋で10年ほど前に購入。
    このチャレンジを良い機会に読んでみたが……
    常軌を逸するレベルで面白くない。

    冗長な婉曲表現の波状攻撃がただただ苦痛。

    最後の4ページの形而上学的な宇宙観以外は要らない。

    ただし、当時キリスト教圏で神の不存在を説いたのはセンセーショナルだったのではないか。「私」(本作においては『きみ』=アウグスト)という存在が知覚して初めて、「私」の中に宇宙が存在しうる、という形而上学的認識論を大衆小説で展開しようとしたのは挑戦的だったと言えるのでは無いか。
    そんな風に思った。

    「〜その産物は夢であり、きみはその夢の創り手なのだ。(略)神なんていうものは存在しない。宇宙だって、人類だって、地上の生活だって、天国だって、地獄だって、存在しないのだ。それはみんな夢なのだ。グロテスクでバカバカしい夢なのだ。何ものも存在しないのだ、『きみ』以外にはね。そして『きみ』も『考え』にすぎないのだ。」(P259)

  • マークトゥエイン感を壊すのには最適な1冊。難解であり、引き込まれる所もある。が、やはり難解であった。。。

  • すべては考えに過ぎない。

  • 「不思議な少年」の言動や起こす事件は、ファンタジーのようでもあり、SFっぽくもある。発表されなかった作品だけあってあちこちが粗い。特に最後、さらに事件が起こりそうなところで物語が終わってしまう。

  • 「不思議な少年」は編集されたものとあったけど・・・。「不思議な少年」の方が読みやすい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1835年、アメリカ・ミズーリ州の小村フロリダで、開拓者の第6子として生まれる。植字工、水先案内、鉱山探鉱、新聞記者などの職を転々とし、65年『ジム・スマイリーと彼の跳ね蛙』を発表、ユーモア作家として一躍脚光を浴びる。以後、作家・講演者として幅広く活躍

「2022年 『人間とは何か?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マーク・トウェインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
マーク トウェイ...
三島由紀夫
ベルンハルト シ...
フランツ・カフカ
マーク トウェイ...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×