私は生まれる 見知らぬ大地で〈下〉

  • 角川書店
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047912618

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  主人公が中国に訪れ、物語は佳境に入ります。
     前世に生きた証しと対面するところは、悠久の時の流れに読んでいてめまいを覚えるほど感動的でした。

     前世の約束を現世で果たし、どこかへ去ってしまうクワン。
     彼女が姿を消す前に見せた涙は、オリヴィアとの別れを悟っていたからなのでしょう。

     エィミ・タンの描く物語は、読んでいる途中は残酷な描写もあって、読むのが辛いところもあるのですが、ラストはハッピーで、読後感は爽やかです。

     丁度この小説を読む直前に、「客家」という一族のことを知りました。
     なかなか物語性に富む一族のようなので、「客家」族をテーマにした物語も読んでみたいです。
     

     

  • 現代アメリカと1864年の中国を舞台に、永遠の真実を輝かせる愛の物語。

全2件中 1 - 2件を表示

エィミ・タンの作品

私は生まれる 見知らぬ大地で〈下〉を本棚に登録しているひと

ツイートする
×