知の挑戦―科学的知性と文化的知性の統合

制作 : Edward O. Wilson  山下 篤子 
  • 角川書店
3.50
  • (6)
  • (4)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :110
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047914308

作品紹介・あらすじ

科学、宗教、芸術などあらゆる知を統合し、人間の本性を解き明かそうとする、知の巨人ウィルソンの金字塔的著作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出ていた講義の先生が強くお勧めしていて大学1年で手に取った。挑んで字の細かさに挫折。
    その後も何度か挑むも、分厚さに挫折。
    目次を眺め、ため息をつく。
    いまだ読み切ったことはない。

    まともに読んでない。
    でも、何かは受け取った。

    細分化された自然科学の世界、社会科学の世界、人文科学の世界、芸術や宗教など、
    これらを自分の中に取り込んで、
    相互に結びつけて統合する、
    自分がその「体現者」となればいいんだ。
    「よし、なろう。」というモチベーション、知的生活の方向付けを得たように思う。
    表紙の文字の青色がそのときの新鮮な気持ちを思い出させてくれる。

    その後、目と手と脳ばかりに偏り過ぎたことから、身体性を取り戻そうと、武道など身体技法も取り込むようになった。

  • 知性とは何なのか。科学、宗教、芸術から差し示した。「イオニアの魔力」「アリアドネの糸」など、中二病ワードも楽しい。
    この本の示すのは、地球上で確かに人類のみが為す事ができる、科学、芸術、宗教に基づき知性を示す事ができるということである。確かに魂の器としての進化は必要であるが、文化的な環境に居ることが知性にとって重要だと説いている。
    またこの本は我々の未来を解き明かすために過去に学ぶというアプローチをとっている。しかし、自然破壊の原因であり、それを知ってはいるがやめられない存在であるとしている。
    僕が小さい頃のワクワク感が最近の科学界にはあまり感じられない。モノに依存することの現界を示しているのか。今のところ細分化されている学問が、今まででは全く関係がないと思われたものが出会っていくという統合の時期なのかもしれないということを改めて示したのかもしれない。

  • 物理から化学、生物、医学、心理、社会学、倫理、宗教は学問としては分離している。とくに生物から心理学へのステップにおいては断絶に近い状況にある。確かに還元論的アプローチで全てが説明できるというデカルト的科学観は現在ではほとんど否定されつつあることは間違いない。部分の集合が現象する「創発」は部分からは演繹で導くことは難しい。
    かといって、部分の働きを無視していいかというとそうとも言い切れない。部分は集合に満足な説明を与えることはできないかもしれないが、集合に制限とヒントをもたらすからである。
     しかし、今日の科学の細分化された状況を鑑みるに、すべてを鳥瞰して見ることのできる科学者はほとんどいないか、ごく一握りである。それだけでなく、一段下のレベル(構造的に)の学問的知識を全く知らないか関心を持たない研究者も多い。これでは土台から学問を建設することは危うい。
     大学だけでなく、小・中・高の段階から学問の総合的・基本的知識を教育する必要性が今日より高まっているのではないかと思う。

  •  

  • 第1章 イオニアの魔力
    第2章 学問の大きな枝
    第3章 啓蒙思想
    第4章 自然科学
    第5章 アリアドネの糸
    第6章 心
    第7章 遺伝子から文化へ
    第8章 人間の本性の適応度
    第9章 社会科学
    第10章 芸術とその解釈
    第11章 倫理と宗教
    第12章 行き先

  • 原題は"Consilience"。統合という意味らしいのですが、初耳の単語で、まずタイトルからして難解であることを隠そうとしていません(Yahoo!の辞書検索でも出てこない...)。

    また邦題の副題では、"科学的知性と文化的知性の統合"となっていますが、必ずしも本の内容を正しく反映しているように思えません。著者の姿勢としては、社会科学や道徳、倫理などを自然科学の手法や知見から再構築していくか一部門として取り込むべきだという企図があります。第2章において自ら傲慢な態度と断りつつも、それが正しい態度だという意見を最後まで崩しません。特に社会科学や心理学などについては、エセ科学とまで言いそうな勢いがあります。そのあたりは当然想定される通り著者の批判を招く部分であるのかと思いますが、個人的には強く惹かれる部分でもあります。

    タイトルの話から入りましたが、内容を見るとその野望の大きさが分かります。何を統合しようとしているかというと、もちろん自然科学(物理学、化学)や複雑系の科学(分子生物学、細胞生物学、生態学等)から、心(神経生理学、脳科学)、遺伝子および文化(遺伝学、進化生物学、文化人類学:著者は遺伝子と文化の共進化という概念を強調している)、社会科学(社会学、経済学、政治学)、芸術、倫理、宗教、まで含まれています。度を越えて博識だということは分かりますが、読む方も大変です。ある意味、野心的というか無謀な挑戦にも思えますが(特に芸術のあたり...)。

    最終章は、人口増による環境破壊(種の多様性の破壊)や食料や水などの自然資源の問題への警鐘がつづられています。確かにそうなのですが、それまでの章とうまくつながっているのかな、というところ少し気になります。でも、これもどうしても言いたかったんでしょうね。

    敬意を表して星5つ。とにかく読むなら腰を据えてちゃんと時間が取れるときに読むことをお勧めします。

  • はじめに言っておきます。途中で断念です。まだこの本を読めるレベル達していいないのだろう。
    理解に苦しんだのか興味もうすくなってしまって、断念することにした。
    Complainする資格はないけども、1つの結論に対して長々と話されているといったNegativeな印象ももってしもうた。。。著者の人には申し訳ない!!
    そんな中でも学んだことは、『すべての学問は1つに繋がる』ということかな。色々な学部や学科があるけどもそもそもそれらはすべて1つだったんじゃないかって本当に思えてきた。
    アインシュタインじゃないけど、世の中で起こることはすべて数字で証明することができるのではないだろうかとマジで思ってきた。
    新しい視点で物事が見れる本だったことは事実なので感謝です。

全8件中 1 - 8件を表示

エドワード・オズボーンウィルソンの作品

知の挑戦―科学的知性と文化的知性の統合はこんな本です

知の挑戦―科学的知性と文化的知性の統合を本棚に登録しているひと

ツイートする