ペギー・スー―魔法にかけられた動物園

制作 : 町田 尚子  Serge Brussolo  金子 ゆき子 
  • 角川書店
3.46
  • (6)
  • (10)
  • (20)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 96
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047914551

作品紹介・あらすじ

今度の敵は…地球外生物!?人間に悪事を働くお化けたち"見えざる者"と、魔法の瞳をもつ少女ペギー・スー。たび重なる対決も、ついに決着。お化けたちよサヨウナラ!ようやく普通の女の子に戻れそう-そんなペギーの思いも虚しく、ふたたび新たな敵が立ちふさがる。訪れた町は、世界一きれいな水の湖をもつアクアリア。一番の目的はもちろん、砂の魔法をかけられた恋人セバスチャンを人間に戻すこと。相棒の青い犬と魔女のおばあちゃんを引き連れて、のんびり夏を過ごそうと思っていたのだが-そこはまるで、奇妙な怪物たちの動物園。巨大な宇宙蛇、石を噴く宇宙クジラ、家を焼くドラゴン、生きている携帯電話…。町の住人に聞くと、そもそも宇宙から呼び寄せた動物たちが原因らしい。せっかくお化けたちを退治したのに、今度はETたちの侵略の危機!?正義感の強いペギーのこと、いやいやながらも宇宙の敵に果敢に立ち向かう。相棒・青い犬の活躍も注目!の第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 砂の魔法にかけられた恋人のセバスチャンを助けるため、世界一きれいな水の湖をもつアクアリアを訪れたペギー・スー。毒を持つ宇宙蛇に石を噴く宇宙クジラ、そして火で家を焼くドラゴン。町の住人に聞くと、そもそもは宇宙から呼び寄せられたらしい。2011/06

  •  ペギー・スーの第4弾。
    ペギー・スーって、マイナーなハリポタって感じ。私だけかな。
    今度の敵は、地球外生物。第3弾で倒した敵もいなくなり、オバケ達よサヨウナラと思ったら、新たな敵が。
    でも、砂の魔法をかけられた恋人セバスチャンと相棒の青い犬とおばあちゃんが一緒で、心強い。
    みんなでノンビリ夏を過ごそうと思って訪れた場所は、奇妙な怪物達の動物園。巨大な宇宙蛇、石を噴く宇宙鯨、家を焼くドラゴン、生きている携帯電話・・・。町の住民に聞くと、そもそも宇宙から呼び寄せた動物たちが原因らしい。せっかくオバケ達を退治したのに、今度はET達の侵略の危機!?正義感の強いペギーは、嫌々ながらも宇宙の敵に果敢に立ち向かう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1951年、フランスパリ生まれの人気SF作家、推理小説。
母親の精神障害のせいで不遇な幼年時代を送る。80年に発表した『病める都市の断面図』でフランスSF大賞を受賞。81年の『深淵に種蒔く人々』でアポロ賞受賞。その後SFのジャンルを超えて、幻想小説、ミステリー、歴史小説にも進出し、94年に発表した『真夜中の犬』でフランス冒険小説大賞を受賞。2000年からはサン=ジェルマン出版のマスク双書の編集主任も務める。
2001年から刊行したジュニア向けファンタジー『ペギー・スー』シリーズは30ヶ国語に翻訳された。
2010年代に入っても『エージェント13』シリーズなど数多くの作品を発表してい る。

「2017年 『闇夜にさまよう女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

セルジュ・ブリュソロの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アレックス シア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする