ザーヒル

  • 角川書店
3.39
  • (7)
  • (14)
  • (43)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047915114

作品紹介・あらすじ

すべての旅は、愛の物語である。失った愛を求め、作家は旅立つ。自らの魂のいまだ知られざる場所へと。全世界で800万部超の大ベストセラー、半自伝的話題作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "次のページをめくるのが待ち遠しい”という感覚を3年前ぐらいに初めて経験した作家さんで、その中でも当時挫折した本を再読。少々思想的な内容だが、会話調なところもあり、極めて読みやすい。
    『ザーヒル』はコエーリョの作品にしては珍しく、彼が自分自身について語っていることがベースになっている。訳者曰く、『11分間』の続きのお話。

    運命の出会いみたいなおとぎ話のようなエンディングで終わった『11分間』だが、その”本物の愛”はその後ぶつかり合いながら最適なバランスを探求する。

    相手を通して自分を見つめる。
    ”やらなければいけない”というルールのもとでの行動でなく、自分の心の声を大事にする。
    所有ではなく、解放。

    そんなところが主要なテーマだろうか。
    コエーリョの作品に少しずつ発見がなくなってきた事を感じると同様に、意図せず出版業界の閉鎖性みたいなものも少しだけ垣間みる事ができる。
    他者への批判の上で自分の成功を肯定する姿勢だけは崩さないところに少々疑問を感じる。そんなところがところどころにちりばめられた”いい言葉”の魅力を半減させる。

    いよいよコエーリョの作品も卒業だな、と確信した。その先の思想については科学や哲学にて探求したいところ。

  • 主人公のモデルはあきらかに著者自身だが、これはフィクションか、それともノンフィクションなのか?

  • ちょっと難しい…
    でも、なんとなく言いたいことはわかるかも。
    これを読んでた頃好きな人がいたので、その恋愛感情の変化とともになんとなーく「あぁ、なるほどね~」って共感してました。
    理屈っぽいお話ですが、ここまでちゃんとひとつの恋愛について考えてる本もないと思うので、私はけっこう好きかも。
    人生の節目節目で読み返したくなる本です♪

  • アルケミストが面白かったので更に読んでみた。小説というよりややスピリチュアルな長いエッセイという感じかな。

  • もう1回読もう

  • パウロ・コエーリョの(当時)最新刊。
    結構前に読んだが、ふと思い出したので載せてみました。著者の自伝ですが、不思議な内容です。
    もともとこの人は、キリスト教の神秘主義的な教団で修行してたり(日本でいう密教とか修験道のような)、かなりそっち系です。
    それなのに、世俗にまみれて煩悩に振り回されまくるこの自伝は生々しく感じます。アルケミストのみたいな宝石のような小説を書ける作者がコレかよ?って思いますが、それがこの本の深いところで、貴重な気づきをもたらします。

  • 人は孤独でよいのだ。
    孤独を選ぶ自由を私はも続けてよい。
    情熱の愛をずっと追い求めて良いのだ。
    枯れないよう、時折水をやるような退屈なものではなくて良いのだ。

  • だるい。

  • 何故人は生まれるのか、どうして生きるのか・・・いつまでも満たされない心を取り戻すには? いろいろ考えさせられた。

  • まあ、この人の本は大体全部同じことを言ってるんだけど・・・でも読むたんびに影響されてしまう。これは「所有しない愛」−相手の自由を心から望み、互いを捧げあう。そんな次元の愛について書かれています。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年ブラジル、リオデジャネイロ生まれ。現代において最も影響力のある作家の一人。ブラジル文学アカデミー会員。著作の多くが世界的ベストセラーとなり、81か国語に翻訳され、これまで170以上の国々で2億部以上を売り上げた。フランスのレジオンドヌール勲章を受章。ほかにもさまざまな国際的な賞を受賞している。2007年には国連ピース・メッセンジャーに任命された。

「2018年 『不倫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ザーヒルのその他の作品

ザーヒル (角川文庫) Kindle版 ザーヒル (角川文庫) パウロ・コエーリョ
ザーヒル (角川文庫) 文庫 ザーヒル (角川文庫) パウロ・コエーリョ

パウロ・コエーリョの作品

ツイートする