ロスト・シンボル 上

  • 角川書店
3.41
  • (11)
  • (30)
  • (38)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 336
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047916272

作品紹介・あらすじ

ヴァチカンの闇を暴いた『天使と悪魔』、「モナリザ」に潜むキリストの秘密を描いた『ダ・ヴィンチ・コード』…そして、次なる謎は、世界最大の秘密結社「フリーメイソン」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほんとドタバタ 悪そうな人の方が先に行ってるよね
    後手で勝つのはほんと難しそうだ、、
    ピーターはほんとに生きてるのかなあ
    概念として生きてるに過ぎないんじゃないかしらねほんとに

  • 14.9.18 図書館

  • 2013.11

  • とりあえず上巻読了。
    フリーメイソンの秘密については、??だったりだが、ミステリーとしては、とても面白い。1/4読んだあたりから、ジェットコースター的展開でたまらん!

    CIA長官が日系人のサトウさんて女性なんだが、私の頭の中では淡路恵子さんに変換されましたww

    それにしても、ダン・ブラウンて「スキンヘッドの刺青男」好きだなぁwww

  • ラングドンシリーズ。デセプションポイントは違うかったんか、と。言われても作風が似てる。話は相変わらずの進行で、最後まで読ませてくれます。ラブコメが全く無いのも良いかも。新しいのは出ればかうだろう。

  • 上・下ともに読んだけど、前2作の方が読んでいて楽しかった。なんだか疲れて…。
    でも次作が出たら、また読みたくなるんだろうな〜。

  • 再読。意外と覚えてなかった。

  • ラングドン教授のちょっとイイ男的なディテールがなんか嫌だった。フリーメイソンとかあんまり興味ないので、陰謀論的なものであったほうが面白く感じるかも。内容のわりに長く感じた一冊。

  • 上巻は面白くてどんどん読み進め、その勢いで下巻へ。だけど下巻になって、(´ε`;)ウーン…

  • 難しかった(-。-;

全15件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1964年ニューハンプシャー生まれ。アマースト大学を卒業後、英語教師から作家へ転身。2003年刊行のラングドンシリーズ二作目「ダ・ヴィンチ・コード」で一躍ベストセラー作家の仲間入りを果たす。父は数学者、母は宗教音楽家、そして妻は美術史研究者であり画家でもある。

ダン・ブラウンの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ロスト・シンボル 上を本棚に登録しているひと

ツイートする