江戸のニューメディア―浮世絵 情報と広告と遊び

著者 :
  • 角川書店
3.57
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048510981

作品紹介・あらすじ

江戸の熱い息づかい。"浮世絵は芸術である"そんなベールをはがしてみると、メディアや娯楽として江戸人の生活をささえていた、フレッシュな庶民のエネルギーが見えてくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • だまし絵、隠し絵などの浮世絵の絵解きです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年、岩手県生まれ。早稲田大学卒。83年に『写楽殺人事件』で江戸川乱歩賞、86年に『総門谷』で吉川英治文学新人賞、87年に『北斎殺人事件』で日本推理作家協会賞、92年に『緋い記憶』で直木賞、2000年に『火怨』で吉川英治文学賞を受賞。本作『風の陣』(全五巻)は、「陸奥四部作」のうち、時代の順番としては最初の作品になる。以降、『火怨 北の燿星アテルイ』(上下巻)、『炎立つ』(全五巻)、『天を衝く』(全三巻)と続く。

「2018年 『風の陣 四 風雲篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋克彦の作品

江戸のニューメディア―浮世絵 情報と広告と遊びを本棚に登録しているひと

ツイートする