雑草物語 (単行本コミックス)

著者 :
  • 角川書店
3.63
  • (9)
  • (6)
  • (19)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 80
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (94ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048531382

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  経済をテーマに描いた70ページの中篇と他にポエムと短編小説が収録された、現時点ではフィクションの最新作で、他に漫画がなかったため100ページに満たない。表題作は大金の存在があっても大島先生の質素で慎ましさを美徳とする感じが存分に発揮されており、かわいらしい漫画だった。

  • なんか、いい気分になれます。
    やっぱり、よいな大島 弓子。

    でも、今でも、こんな恋愛ものがかけるというのは、本当にすごいです。感性が、枯れない。
    大島 弓子自身の恋愛は、いったいどうなっているのだろうと思ってしまう。

  • エネさん☆

  • もう鬼才

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

栃木県生まれ。短大在学中に『ポーラの涙』でデビュー。昭和53年より「月刊ララ」に掲載された『綿の国星』は、独特の豊かな感性で描かれ、大きな反響を呼ぶ。『ミモザ館でつかまえて』『夏のおわりのト短調』『パスカルの群』など著書多数。

「2011年 『グーグーだって猫である6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大島弓子の作品

ツイートする
×