グーグーだって猫である〈2〉

著者 :
  • 角川書店
3.48
  • (21)
  • (25)
  • (70)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 235
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048535359

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 彼女は病気のことも猫のことも病気の猫のことも、当たり前のように書いている。

  • 2017.8.25読了。図書館で借りた。

    第2巻、作者の病気、新たな猫ちゃんのこと。

    動物がいる生活をしていると、共感することがたくさんある。

  • (2015.01.29読了)(2002.12.06購入)
    「人生の大晦日」は、文芸春秋1999年10月号、他は「本の旅人」1999年3月号~2001年3月号に掲載したものです。
    「人生の大晦日」は、子宮がんが見つかるまでとその手術の様子が綴ってあります。僕も2014年12月に入院して手術をしてもらったので、病気は違いますが、共感を持って読めました。
    他の漫画エッセイも、前半は、手術後の化学療法の話が綴ってあります。脱毛も覚悟したようですが、大丈夫だったようです。
    前巻では、グーグーの後に、ビーを飼う話が綴られていますが、この巻では、さらに、クロとタマが加わってきます。
    クロは、庭にまぎれ込んできた子ねこ。
    タマは、ホームレスの方から預かった疥癬持ちの子ねこ。
    タマは、最初行った動物病院では、薬を毎日三カ月ほど塗れば治るといわれたけど、つづけるのが大変だったので、別の動物病院に行ったら、注射を2回すれば治るといわれた。
    タマは、目もよく見えないようだ。結構大変だ。

    【目次】
    31 人生の大晦日
    32 気むずかしい患者
    33 つつがなしや猫たち
    34 ごめんね白血球
    35 ビーの勝利
    36 個室
    37 病院食と鳩とラーメン
    38 待遇
    39 碑
    40 外泊〔ほか〕

    ☆関連図書(既読)
    「秋日子かく語りき」大島弓子著、角川書店、2003.12.25
    「グーグーだって猫である」大島弓子著、角川書店、2000.07.30
    「グーグーだって猫である5」大島弓子著、角川文庫、2013.07.25
    「グーグーだって猫である6」大島弓子著、角川書店、2011.09.30
    「キャットニップ(no1)」大島弓子著、小学館、2014.10.06
    (2015年1月29日・記)
    (「MARC」データベースより)amazon
    グーグーをはじめとした猫たちとの生活を通して描かれる、喜怒哀楽や死生観。灌漑深く、心温まり、癒される。『本の旅人』等に掲載されたものを収録。

  • 私も婦人科の病気したから、なんか気持ちがよくわかる。

  • 漫画。エッセイ。猫。出会い。病院。闘病。個性。

  • ガンの闘病記と猫の話

  • 大島さんの闘病生活。猫たちはどうなる?
    そしてまた新しい猫たちがやってくる。

    (2009年10月25日読了)

  • 図書館の本

    内容(「MARC」データベースより)
    グーグーをはじめとした猫たちとの生活を通して描かれる、喜怒哀楽や死生観。感慨深く、心温まり、癒される。『本の旅人』等に掲載されたものを収録。

    卵巣腫瘍と抗がん治療との入院と猫との暮らし。1間では2匹だった猫が2巻の最後には増えているのが、ああ、この人ほんとうに猫が好きなんだなぁと思います。
    キャットシッター件アシスタントのNさんがいい味出してます。
    面白いです、この人。
    猫も増えたし、お話が続くなら先も読んでみたいと思う1冊でした。

  • 図:映画を先に観て原作へ。映画はサイテー。

  • ネコというのは、つくづく不思議な動物です。
    時には、人間の気持ちが、全部わかっているんじゃないかと思えてきたりします。

    どんなネコも、それぞれに、かわいらしさがあるのです。飼い主にしか、見せないかわいさもあるますが。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

栃木県生まれ。短大在学中に『ポーラの涙』でデビュー。昭和53年より「月刊ララ」に掲載された『綿の国星』は、独特の豊かな感性で描かれ、大きな反響を呼ぶ。『ミモザ館でつかまえて』『夏のおわりのト短調』『パスカルの群』など著書多数。

「2011年 『グーグーだって猫である6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大島弓子の作品

ツイートする