負け犬のなんでも屋 (あすかコミックスCL-DX)

著者 :
制作 : 菅野 彰 
  • 角川書店
3.06
  • (5)
  • (13)
  • (65)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 170
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048537797

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 特になし

  • 人生にあまり成功しているとはいえない3人が始めたなんでも屋が
    舞台です。
    あんまりBLっぽくないんですが、一応
    求愛している人と、されている方が登場するのでそうなのかなぁ~って思って読みました^_^;

  • 元料理人・元高校球児、そして人気作曲家として活躍しながら挫折した主人公は「なんでも屋」をを始める。
    しかし、仕事の内容は逃げた動物を探す程度で、儲かる見込みはない。
    そこに主人公の(二番目の)元妻(ちなみにこのお姉さまは主人公の最初の妻とお付き合い中)が作曲をしてほしいと仕事を持ち込む。
    一切作曲はしないと断るが、天才作曲家に対してかわりに依頼をすることになる。

    話が全く頭にはいってこなかったです。
    ドタバタ劇というんでしょうか。
    エロな場面も急転直下の展開もなく、おだやかーにどたばたしてるという印象です。
    描写ひとつひとつはとっても心に響くんだけど、トータルで「だからどうした」な感じ。
    ニアBL、にもならないんだろうなあ

  • 可もなく不可もなく

  • 作曲家の才能に惚れる感じなのでニアBL。肌色無しのお付き合いもなし。なんだか消化不良です。

  • 話が進んでいるようでなかなか進まないのがなんとも。最後、手錠で繋がれた二人が何話してんのかよく分からなかった。

  •  タイトル通り、なんでも屋を始めた負け犬三人の物語。『夢をあきらめたその先にも、人生はずっと、続いてく』とは、裏表紙の宣伝文です。
     父親から受け継いだ店を潰してしまった元料理人・敦、プロ入りを目指していた元高校球児・寅次郎(通称寅さん)、元天才作曲家・中川幹彦。そこに幹ちゃんの『一夜の恋人(自称)』の高橋が加わって……

     ……ぶっちゃけ、CDのキャスト目当てで手ェ付けました。せきとっし!! せきとっし!!
     でも、これは本当にお勧め!! BLながらも、濡れ場の『ぬ』の字もないので、抵抗ある人も読めると思います……ま、その反面、BL好きには物足りないかもしれないが。
     物語の質も良いし、萌えどころ満載だしで、いろんな人に読んでほしい作品です。
     あと、落ち込んでるときに読むと、ますます凹む反面元気が出てくるとゆー、何とも摩訶不思議アドベンチャーな話。馨お姉さまの一言一言が、なんか大事な部分を容赦なくめった刺しにしてくれますorz

  • 寅次郎いい奴だ。

  • このシリーズは、CD・小説・漫画のどれも媒体にあった良い味出してます。
    ギャグとシリアスが良い感じに混ざってます。

  • 私がこのお話に出会ったのはCDドラマからなのですが、すごく痛かった思い出があります。
    もし、夢が叶わないと解ったらどうするか。すごく身につまされた覚えが。
    そんな負け犬達のお話なのですが、中川がやたらかわいかったです。
    だから高橋に頑張って貰いたい、今日この頃。しかしこの二人は互いに会話がかみ合わないのに、どうして肝心な言葉は伝わっているのだろう。不思議な人たち。

全16件中 1 - 10件を表示

負け犬のなんでも屋 (あすかコミックスCL-DX)のその他の作品

麻生海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする