アニメ・マンガ・戦争

著者 :
  • 角川書店
3.46
  • (5)
  • (3)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (529ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048538664

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 対談相手が多岐にわたり、それでいて偏っていて面白い。
    安彦氏自身にとっては前半のガンダムの安彦氏としての対談集よりも後半の方が重要なのだろう。
    永野護氏との対談があまりにも短くほとんど対談になっていないのが残念。

  • アニメのポスターなのにアニメ的なセル塗りではなくて、
    本来、絵というものは光の反射で、色がきまるんだ、と理解した体験をもたらしてくれたのが、ガンダム劇場用のポスターでした。

    漫画家業主体になられた以後はどうも革命家やそれに類する人をテーマにした作品が多くて、
    もともとこういう人だったんだなあと納得したのが本書。
    60年代の学生運動をブームじゃなく真剣に考えて生きた人ってのは、やっぱずっとかわらないんだなぁと思いました。
    後半のテーマはそういうものですが、基本、当時のアニメ業界や最近の漫画家として長く活躍していくことについても、感嘆する対談も多くあります。

  • 対談集を読んで、萩尾望都というのは、やっぱり天才だなぁと改めて思いました。
    メッセージを伝えるために、いろいろな層へ伝わるように、何重も何重も仕組みをつくっておくという。それは、自分がそれぞれの層を想像して、理解しておかなければならないということです。

    しかし、安彦さんって、かなりこの世界では、重鎮なお年だと思うのですが、それでも、まだいっぱい野望をもって、落ち着きたくなあなぁと思っておられることがよくわかります。

    だから、大塚英志との元気いっぱいの(けんか)対談も、それほど悪い感じではないです。

    しかし、大塚さん、最近、誰にでもかみついてないか?前から、それが芸風か?

  • 安彦さんってアツい方だったんですね。

  • アニメ・マンガ編は楽しく読めたが戦争編で挫折しそうになった。なんとか読了。大塚英志さんとのバトルが意外によかった。

    それにしても選挙行かない時期が長かったなんて…など安彦さんに対するイメージがいろいろと…


    ところて
    419ページの「国立大学で県の名を冠しないのは弘前大学と信州大学だけ」発言も謎。たくさんありますよね?校閲はどうなっているのか。東北大学も九州大学も国立だよね

  • アニメーターでマンガ家の安彦良和の対談集。職業柄、職人気質で寡黙かと思ったら、安彦さん、よくしゃべる。さすが元左翼。最後の大塚英志との対談は、ほとんどケンカだった。

  • ガンダムであまりにも有名なので、それだけかと思われがちだけど、最高傑作は逆にそれ以外で、「アリオン」「ナムジ」「神武」そして「虹色のトロツキー」。

    意気でかっこ良く元気になる作風は、私が電車の中で読んでいると、隣の女子高生が一緒になって見たりしたことがありました。(あの読ませてもらっていいですか、何か気になる絵ですねとか言って)なのに超絶的。

  • 大根と思えば大鰻。その心は?

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

北海道出身。
アニメーター・アニメーション監督を経て、1979年に漫画家デビュー。
『ナムジ』『王道の狗』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』など著作多数。
〈クラッシャージョウ〉シリーズの装画、挿絵は一貫して手がけており、劇場版『クラッシャージョウ』の監督をつとめる。


「2021年 『乾と巽―ザバイカル戦記―(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安彦良和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
村上 春樹
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×