ばるぼら (KADOKAWA絶品コミック)

著者 : 手塚治虫
  • 角川書店 (2005年7月発売)
3.77
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 25人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048539005

ばるぼら (KADOKAWA絶品コミック)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大都社

  • 芸術に限らず、物事を極めるためには何か尖っているものを持つか、何かが欠けていて常に飢えていなければならないのか。そして芸術は生み出した本人そのものを弊履のごとくすてさるのか。
    昭和40年代の作家が一人の女と出会い芸術に溺れていく話。

  • ミューズ。

  • 手塚治虫の作品には、たまに背筋が凍るような(もしくは悪意が隠されているような)怖い描写や構成から成るものがあるのですが(個人的には、『ビッグコミック』に連載された1970年代前半の作品に突出して多い気がする)、「ばるぼら」もそんな作品のひとつです。悪趣味な魅力とでも言うのでしょうか、登場人物の思想的な偏りかた(?)も相まって、怪談の様相を見せています。

全5件中 1 - 5件を表示

ばるぼら (KADOKAWA絶品コミック)のその他の作品

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする