うつうつひでお日記 その後 (単行本コミックス)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.38
  • (5)
  • (15)
  • (20)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 139
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048542463

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数年前の日記なので、出てくる本が懐かしかったり。

    それにしても吾妻さん読書家…

    描く女の子はやっぱりかわいい

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「それにしても吾妻さん読書家…」
      大昔に不条理日記で「元ネタ何だろう?」と思いつつ読んだのが懐かしい。
      この本読んでみようかな、、、
      「それにしても吾妻さん読書家…」
      大昔に不条理日記で「元ネタ何だろう?」と思いつつ読んだのが懐かしい。
      この本読んでみようかな、、、
      2013/01/10
  • 日記の内容はそんなに変わってないけど(笑)前作に続いて今作も好き!文章とイラストが別れていて読みやすくなってた。吾妻さんの読んだ本は今回も参考になったけど、ぼくは「マンガ 嫌韓流」読むことはないだろうなぁ・・・。

  • 2010年5月29日読了。
    まだ続きがあったのか。ていうかこれの続きもあるらしい(^_^;)
    ちっとも読めてませんが、読むと面白いのでまた次はどうなってるんだと探してしまう。

    HPの日記とイラストの組み合わせ。
    普通にうつになって薬飲んだり、咳が止まらないけど煙草がやめられなかったり、お腹が空いたから何か作って食べたり、仕事したり。そういう普通の日記。でも本当に絵が素敵でこれだけでも見る価値あり。

    ていうかごめんなさいほとんど絵しか見てませんが。

  • 吾妻先生の日常が垣間見れて楽しい。
    読書と女子高生と麺とアイス。

  • 事件や特別な出来事はない同じような日々が書かれた日記。でも最後まで読んでしまった。

  • オフィシャルページ日記の書籍化。イラスト付き。

  • 無理してコンスタントに本出すよりはのんびりマンガ描いてください…
    と思わざるを得ない。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

吾妻 ひでお(あずま ひでお)
1950年、北海道生まれ。上京後就職するもほどなく退社。
1969年『月刊まんが王』12月号掲載の『リングサイド・クレイジー』でデビュー。コメディ路線の『ふたりと5人』がヒット。1979年に『不条理日記』日本SF大会で星雲賞(コミック部門)を受賞し、「不条理漫画」というジャンルを確立。
失踪事件を起こした後にアルコール依存症に。そこから復帰して記した『失踪日記』が高く評価され、大ヒット。第34回日本漫画家協会賞大賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第37回日本SF大会星雲賞ノンフィクション部門をそれぞれ受賞。

吾妻ひでおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻ひでお
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする