機動戦士ガンダムUCパーフェクトガイド

制作 : ガンダムエース 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.89
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048543880

作品紹介・あらすじ

小説「機動戦士ガンダムUC」の全てを凝縮。著者・福井晴敏が語るロングインタビュー&ストーリー解説、安彦良和・カトキハジメによるキャラクター・メカニック設定、単行本未収録挿絵イラストや設定資料などが満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 台割り(本全体のページ構成)から構成、ライティング、ラフまで、
    私が主幹となってほとんどのページを作りました


    発売中です。


    私も先日行った『GUNDAM BIG EXPO』の会場で
    製本された現物を初めて手にとったのですが、
    気に入って思わずその場で買っちゃいました
    (後からいくらでも見本誌もらえるのに) 。


    どんな本だって100%思い通りに作れることなんて事はなくて、
    思い返せばこの本でも、結構いろんな事情で当初の予定から
    変更が加わったり、急遽 差し替えたりってこともあったんですけど、
    完成した本を見るとそういう「事情」は透けて見えなくて、
    最初からこの形を目指していたかのような収まりの良さ。


    結果的に、あるべき所にあるべきものが収まってるって安定感が出てました。
    むしろ、こっちに変更して正解だったなと。



    ムック本としてはすごくスタンダードな作りに過ぎないんだけど、
    同タイトルで唯一の独占商品なんで、
    ガノタとして自分でお金出しても欲しいもの、必要とするものを
    ちゃんと作れたのは嬉しかったです


    もちろん題材となった作品の魅力が一番大きいんだけどさ。
    でも、それだけに、それを独占できる版元から本を託された立場として、
    クライアントや作家先生に対してだけでなく、
    業界全体に対する責任ってものも発生するので。



    あともう一つ。


    以前 にも書いたけど、良い本かどうかというのは内容だけでは決まらない。
    どんなに内容を充実させても、
    一冊が5万円も6万円もしたらその本は売れず、
    そして売れない本は良い本とは言えないわけです。

    結局良い本ってのは、
    価格設定する営業の人の力とか、
    出版社の体力とか、
    棚スペースを設けてくれる小売店とか、
    そういうものと無縁では作り得ないわけです。



    そういう意味では、この『パーフェクトガイド』は、
    自分がいちユーザーの立場として2000円までなら出せると思える内容で、
    なおかつ独占媒体だから仮に2000円にしても
    ちゃんと刷り部数は消化できたであろう状況で、定価が1300円。


    久しぶりの宇宙世紀本道のビッグタイトルだからと業界振興まで視野に入れて、
    目先の利益ではなくユーザーの拡大に向けて、
    いろんな立場の人間が一つの方向性を向いて作って
    「良い本」に仕上がりました。


全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダムUCパーフェクトガイドはこんな本です

ツイートする