心霊探偵八雲 第3巻 (あすかコミックスDX)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.82
  • (35)
  • (66)
  • (48)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 650
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・マンガ (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048545327

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】
    真琴にとり憑いた安藤の霊を「除霊」するため、一計を案じた八雲。その作戦が功を奏し、安藤の霊は無事真琴から離れ、「連続少女誘拐殺人事件」も一応の解決を迎えた……はずだったが、新たなる被害者が発見され――。「魂をつなぐもの」編クライマックス! 声なき死者が望むのは残された者の幸せ――。

    【感想】

  • 死者の復活

  • 落とすところで落とすけど、決めるところではちゃんと決めて、少女漫画としては好きな部類なのだけれど、どうしてもこの漫画のヒロインが好きにはなれない。

  • 石井さんの頑張りが漫画だと半分も出てない気がする(;´∩`)石井さんがんばれwww

  • 【レンタル】
    除霊のシーンと犯人逮捕のシーンが原作よりわかりやすかったなぁ。
    というか石井が相変わらず面白い。八雲の事“赤い人”って!

    『魂をつなぐもの』終了。ちょっと長いけど、原作が長編なんだから仕方ないか。

  • 八雲さんアートギャラリーの様相を呈してきました

  • 心霊探偵八雲2
    魂をつなぐもの
    収録

  • 畫得一樣超細緻,彩稿畫技好棒!!黑白稿運用電繪放大的功能到極限,細緻到不得了的地步,像是鎖鍊的光澤,比望月淳《潘朵拉之心》或ichtys《 Superior魔王愛勇者》的鐵鍊還用力刻上數倍!!

    劇情則推理層面越來越弱OTZ 尤其是小澤晴香被木下醫生端出的飲料毒昏那裡,老埂到令我在義大利麵店大笑XDD

    畫面我給五顆星,劇情三顆星,所以5+3/2=四顆星XD

  • 神永学・原作の大ヒットシリーズ『心霊探偵 八雲』の漫画版第3巻。

  • 「魂をつなぐもの」完結編です。

    前巻の最後で、八雲のおじさんと模型の安藤の首がどういう風に使われるのか気になりましたが、こういう風に使うのですね。ネズミがちょっとかわいそうになりました。
    でも、霊だったら、ネズミに取り憑いてもすぐに出てこれそうな感じがするのですが、そのままなんでしょうか???

    安藤の件は解決しましたが、後半で木下先生も事件に関わっていると判明。
    実際殺した人数としては、安藤よりも多く殺してしまってますが、理由が最悪。自分の娘を生き返らせようと、他の娘さんを殺せるなんて、親じゃないと思います。まだ、内山さんのやったことの方が理解できます。

    それにしても、事件の発端は、いたずらで安藤を盗撮したと訴えた女子高生ですが、彼女がそんないたずらを思いつかなかったら、4人の人間が死なずにすみ、3人の人間が人殺しをしなくてすみ、霊に取り憑かれたりする子もいなかったと思うと、なんか腹立ちますね。
    安藤もどうせ取り憑くなら、自分を訴えた女子高生に取り憑けばいいのに・・・。

    最後に出て来た、八雲の父。
    かなり怪しい人ですが、次はどんな事件に巻き込まれるのか楽しみです。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

その美麗な絵で圧倒的な支持を集める人気漫画家。代表作に『心霊探偵八雲』(コミカライズ担当)がある。現在ARIAにて『美少年探偵団』(原作:西尾維新)を連載中!

「2017年 『美少年探偵団(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小田すずかの作品

心霊探偵八雲 第3巻 (あすかコミックスDX)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×