心霊探偵八雲 第6巻 (あすかコミックスDX)

著者 : 小田すずか
制作 : 神永 学 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年10月22日発売)
3.76
  • (20)
  • (39)
  • (34)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :398
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048547017

心霊探偵八雲 第6巻 (あすかコミックスDX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【あらすじ】
    教育実習のため、とある小学校にやってきた晴香は、幽霊が見えるという少年・真人に出会う。真人は晴香に「自分は呪われている」と告げるが……。

    【感想】

  • レイプ、もみ消し、冤罪

  • 表紙が赤になった(οдО;)お話の結末は哀しくて切ない(';ω;`)しかし巻末にカズキヨネ先生の八雲ががががががっ←

  • 【レンタル】
    FILE11冒頭のシーンが切なくて哀しい。
    事件さえ起きなければ、2人は話してた未来をむかえられたんだろうな…。
    原作にはなかったけど、これはあった方が良い。

    後藤さんの頭突きシーンがカットされてたのが残念。

    『闇の先にある光』終了。
    『守るべき思い』開始。

    今回はおまけが多くて嬉しい。番組表はちゃんと見ると面白い。
    巻末4コマが多いのも嬉しい。安定の面白さ(笑)

  • あっという間に6巻まで来てしまった。いよいよ新章突入です。

  • 「闇の先にある光」強姦自殺の幽霊話終わり!
    「守るべき想い」始まり。教育実習中の晴香。

  • 2012/06/16:コミックレンタルにて6、7巻読了。

  • 心霊探偵八雲3
    闇の先にある光

    心霊探偵八雲4
    守るべき想い
    収録

  • 第6巻を読破。

    「闇の先にある光」編が幕を閉じました。

    神山さんの事件はほんと……物悲しいストーリーでしたね。

    しかし、シリアス展開なときにこけし@井出内課長が出てきて思わず噴いてしまいましたw

    いかんだろ、あの人。

    シリアスさんが裸足でダッシュしていったよww

    この「闇の先にある光」編はほんと長く丁寧に描いていたな……。

    やはり取り扱う事件が事件だからかな。

    小田さんもあとがきにそう書いてあったし。

    「守るべき想い」編ではとうとう彼女が登場しましたね。

    っていうか、すっごいきょぬー属性だったんですが!!

    衝撃的すぎて全部そっちに持って行かれましたw

    さて、彼女はどんな動きを見せてくれるのか、楽しみですね。

    巻末のおまけなんですが、やる気出しすぎでしょう、編集部ww

    テレビ欄見て「うおー! どこに行けば見られるんですか、この番組!」と心底から思いました。

    4コマもおもしろかったですー。

  • 「俺はお前を助ける!!」

    死者の魂を見ることのできる八雲が、様々な事件に関わっていくお話。
    今巻で完結した「闇の先にある光」ですが、いままでのなかで一番心苦しいお話だったように思います。世の中の醜い部分、理不尽な部分とどう向き合っていくのか。後藤刑事、かっこよかったです。彼にはこれからも、熱く優しい刑事であってほしいですね。
    本編とは関係ないですが、最後にカズキヨネ先生のイラストが拝めて幸せでした。
    は〜。それにしても、早く父親とのバトルが見たいです。いつかなそわそわ。

    最後にどうでもいい話。
    八雲君のワイシャツってエロいですよね。わたし、ワイシャツに弱いんです(本当にどうでもいい)。

全16件中 1 - 10件を表示

心霊探偵八雲 第6巻 (あすかコミックスDX)のその他の作品

心霊探偵八雲 (6) 単行本(ソフトカバー) 心霊探偵八雲 (6) 小田すずか

小田すずかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

心霊探偵八雲 第6巻 (あすかコミックスDX)を本棚に登録しているひと

ツイートする