GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)中 (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
4.29
  • (11)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 161
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (824ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048650717

作品紹介・あらすじ

“本能寺の変”へ介入しようとする武蔵に対し、P.A.Oda、羽柴、そして世界各国はどのような反応を見せるのか? それぞれの思惑が交錯する「夏休み編」中盤戦!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 詐欺だよな。

    有明を出した時点でコミケネタは用意しておいたのかもしれないけど、こういう場で使うとはね。

    少しずつ陰謀がめぐらされて、主人公達の敵も合宿で強化しつつ後編へと向かっていくけど、これ後編で本能寺の変やるのかなぁ?
    あと光秀ばかりクローズアップされているけど、信長のほうは?

  • まさずみがせんそうをしたそうにこっちをみている!夏休みで基本他国への大きな干渉できないから仕方ないね。とまあ今回もメインは羽柴への嫌がらせな舌戦・交渉です。森・蘭丸に始まり羽柴(竹中)との大一番を経てクリスティーナとの対話と、正純全開かと思いきや、意外にもネシンバラが頑張ってた。…あれ、頑張ってたっけ?引っ掻き回して丸投げと厨二病の勘がたまたまストライクだった気がしないでもないが…まぁいっか(適当)。羽柴勢が合宿で戦力増強してる中、武蔵の方は絶倫漫画交流会で盛り上がってるけど、これはこれでらしいかな。とりあえず徐々にイケメン臭を漂わせてきてる点蔵はもげろと思いました(小並感)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

第3回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞作『パンツァーポリス1935』にて作家デビュー。代表作は『風水街都 香港』『機甲都市 伯林』を始めとする「都市シリーズ」や『終わりのクロニクル』シリーズ、『境界線上のホライゾン』シリーズなど。

「2021年 『GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン NEXT BOX HDDD英国編〈下〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川上稔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (8)中 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×