座敷童子の代理人 (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.46
  • (13)
  • (12)
  • (27)
  • (8)
  • (1)
  • 本棚登録 :212
  • レビュー :24
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048652087

作品紹介・あらすじ

人生崖っぷちの妖怪作家・緒方司貴がネタ探しに向かったのは、座敷童子がいると噂の旅館・迷家荘。だが、司貴はいなくなってしまった座敷童子の代わりに、謎の少年に導かれ、妖怪の悩みを解決することに!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 途中まで、お人好し系主人公が妖のお願いを断り切れず、次々とトラブルに巻き込まれていく、よくあるタイプのお話と思い込んでいたのだが、思わぬどんでん返しに驚いた。
    確かに、やや唐突な持っていき方とも感じたが、遠野という場所柄、妖たちのキャラクターなどが、そういう所をもうまくおさめてくれていると感じた。

  • 崖っぷちの小説家と妖怪のお話。
    読み終わって一番感じたのは、作者の妖怪に対する愛。
    最初の登場から最後まで妖怪愛に溢れていた。描かれる妖怪たちはどれも人間臭く、飄々としていて、でもどこか愛らしく愛敬に溢れている。互いを確認し合えないながらも、互いを思いやり友達のように接し合う旅館の人々と旅館に居つく妖怪たちに和んだ。
    正直、話の内容的に言えば、凝っているという内容ではない。しかし、真新しさは感じられないが読んでいて暖かくなれる内容ではある。最後の座敷わらしの正体は、えらく唐突だなぁと感じるところはあったし、お話の締め方は少々雑に感じれたが、全体を思い返すと良い印象しか浮かばなかった。
    続編が出ているようだが、どんな展開になっているのか正直想像できない。
    漫画の打ち切りでよくある「俺たちの戦いは始まったばかりだ!」みたいな締め方だったけど、これ以上ダラダラと妖怪たちとの日常を書いていたらきっと飽きていたと思うし、もし続編がそのような内容だったらかなりガッカリすると思う。この巻の良い印象を壊したくないので正直読むのは怖いが、とりあえず購入の方で進めてみようかな…。

  • 読み終わりました!


    まさか。。【どんど晴れ】という言葉が出てくるなんて・・・
    ビックリしました(笑)

    というのも、つい最近「遠野物語」を読んだばかりで
    読み終わったのが去年の12月ごろなのですが、
    遠野物語のエピソードがところどころ出てきたのが嬉しかったです〃▽〃




    ・・・前置きはさておき。。笑
    この本いいですね!
    夏目友人帳と妖怪好きな方にはたまらない小説です(〃^^〃)

    『河童の涙』というエピソードはラスト。。
    夏目友人帳のある話と重なって……感動しました。:゚(。ノω\。)゚・。
    泣けますよ。。

    切ないんだけど、切なさのなかに
    ふっと温かくなる…
    そんなエピソードばかりが詰まっているお話。。



    続きが気になる終わり方でした。。
    もっと感想を言いたいけど
    ネタばれになってしまうので、ぐっと我慢っ!笑



    妖怪さんや遠野物語について、
    色々な薀蓄があって勉強になりました!

    どうして顔にお面や布をつけているのかの謎も
    …もしかして「夏目友人帳」に出てくる妖かしもそうなの!?と、
    つい思っちゃうくらい引き込まれました♪♪




    ………私も河童様や座敷童子様たちに会いたいな。。
    最初の河童様との絡み、羨ましい〃〃♡

    脳内では、河童の声は
    ぴょん吉の声(満島ひかりさん)を思い浮かべていました!!
    ぴょん吉同様かわいいんです(〃^^〃)

    自分のことを、「おいら…」というところが
    もうそっくり////(≧ω≦。)プププ


    切なさのなかに
    和みやほんわかしたところがあるのも
    この本の魅力ですっ!この本に出会えて良かった。。

    好きな本が、また一つ増えて嬉しい………!

  • 遠野物語で知られる東北の地、座敷童子の伝説のある宿があり、そこが物語の舞台です。

    作家生命をかけてそこでの執筆をもくろむ主人公、緒方司貴はそこで不思議なものたちと出会い、いろんな出来事がおこります。

    ほのぼので好きな感じのストーリーです。が、ラストの展開が今一つ腑に落ちない感じでした。

  • 出版元に無茶な要求を突き付けられた、崖っぷち小説家。
    起死回生にネタを探しに来たはずの旅館では
    何故かお悩み相談を解決する羽目に。

    連続短編で、旅館に住む妖怪達の悩みを解決したり
    助言をもらったり、普通の悩みを解決したり。
    最初の話以外は、完全に妖怪がらみ。
    その最初の話ですが、よくもあんな所に…という
    感心が先に出てしまいます。

    河童の好きなものは、ろくろ首の正体は
    あの人の幸せは…、と続いていくのですが
    最後には、なるほど、な『人生』の正解が。

    ほんわかと進んでいくので、おかげで悲壮感はなく
    けれどそのせいで、しんみりする所はしんみりしていて。
    誰だろうと、なんだろうと、友情はあるものですし
    けれどそれは目に見えるものに頼ってしまいがちで。
    通じる事と、通じ合える事、はまた別問題。
    絆は大事に、繋いだまま補強しないといけません。

  • 2015/6/10

  • 主人公がやたらと懐かれる、他の人には妖怪が見えない......とお約束感は強いけれど、すんなり入り込める世界観はさすが安心の日本産(の妖怪とお約束?)。
    その分、ラストの主人公の秘密には思い切り意表を突かれてしまった。お約束それ自体が伏線になっていたということ?

  • 2017.2.28 読了
    2017-9

  • 遠野物語で有名な岩手県の遠野にあるとある旅館でのお話。ミステリ風。でてくる人が皆いい人でほっとする。
    2016/12/16

  • 「神隠しの宿」
    崖っ淵の小説家が泊まった宿で出会ったのは。
    消えたロールケーキの見つかった場所が予想外すぎた。
    子供の考える事は、時に突拍子も無いから面白いんだよな。

    「河童の涙」
    友だった者の息子が河童様を嫌う理由は。
    父の言動が理由であまり良い印象を持っていないのかと思っていたので、まさかと驚いた。
    嫌う理由を隠す事もなくなった彼は今後どのように妖怪たちに接するのだろう。

    「狐の仇返し」
    広がる悪夢と身体から離れた意識の関係は。
    言動から勝手に悪い妖怪かと思っていたので、妖狐の行動は意外だった。
    悪夢の正体とされている彼女は、何者なのだろう。

    「オシラサマ」
    病に侵された彼女を送るための結婚式。
    人としての人生最後の日を晴れやかに過ごせたら幸せだろうな。
    残された者も最後に見た表情が笑顔だと、また印象が変わるんじゃないのだろうか。

全24件中 1 - 10件を表示

座敷童子の代理人 (メディアワークス文庫)のその他の作品

仁科裕貴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

座敷童子の代理人 (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする