エロマンガ先生 (5) 和泉紗霧の初登校 (電撃文庫)

著者 :
制作 : かんざきひろ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.65
  • (7)
  • (15)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 152
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048653817

作品紹介・あらすじ

お騒がせ委員長・神野めぐみが、紗霧のために大奮闘? 「クリスマス」に「バレンタインデー」、そして“保護者”の登場など見どころ盛り沢山の第5巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • さぎりが大きな一歩を踏み出す。
    新キャラ京香ちゃん登場

  • 読了。最後に、おお?ついにか!?というような流れがあったがそんなことはなかった。はよくっつけーー。

  • 和泉兄妹の保護者にして天敵の京香さんが登場、なかなかややこしそうなキャラだが、どう変化していくか楽しみだ。

  • 12月11日。
    エルフが正宗のクラスに乗り込んでひと騒動。
    火消し役に智恵が出てくれて。

    24日。クリスマスパーティーを和泉家で開催。
    メンバーは正宗、沙霧、ムラマサ先輩、エルフ、アルミ、めぐみ。
    わかりやすくハーレム状態です。
    プレゼント交換と、エルフのアニメ化上映会。

    作家の新年会にて正宗に絡む草薙先輩登場。
    小心者だが、見せかけのカッコをしている・・・。
    バレンタイン前に正宗、シドー君、アルミで男子会議。
    正宗は沙霧、アルミはエルフ、シドー君は正宗&シドーの担当編集の神楽坂さんからチョコをもらいたい…。
    色々探りを入れるが、どうにも噛み合わず。
    バレンタイン当日に智恵、めぐみ、ムラマサ先輩、エルフ、沙霧からプレゼントあり。

    ホワイトデーに各々にお返し。
    玉砕したシドー君が呑んだくれて草薙と和泉家に現れる。
    そんな時に叔母である京香さん登場。
    京香さんは二人の保護者である。
    呑んだくれ組を追い出し、エルフも追い出して。
    正宗と沙霧の「状況」を見るために。
    正宗は合格、沙霧は先延ばし。
    実はこの京香さんによって重度の引きこもりになった沙霧。
    京香さん対策で沙霧は制服で部屋から出て、リビングに用意した 仮教室 に。
    仮教室にはエルフ、アルミ、ムラマサ先輩、めぐみが。
    無事に合格をもらって、今までの生活を続ける事が出来る。


    さて。
    隠されてる感満載を初回からダダ漏れさせて、
    少しずつ小出しにされるイライラ感が…。
    新キャラもちょいちょい出てくる。
    当初の疾走感も、笑いも薄らいで来ている感がある。
    そろそろ疲れて来てしまった。
    この作品、もうちょっとスピードアップしてくれないかな?

  • ライトにエロいイチャイチャラブコメ展開。

    前巻で誕生会やっていたのをすっかり忘れていた。
    主人公がドテラをプレゼントしていたのを。
    エロマンガペンネーム争奪マスク剥ぎデスマッチに注目すぎてた。

    クリスマス、バレンタイン、初登校。
    妹チョコって本当に何って。
    やっぱりどうしようもないシスコンだけど、
    妹としてしか惚れてないような。

  • 大好きな作家の作品だし文章的にもうまいと思えるんだが、お話的にはあんまり楽しめなくなってきた。
    なんつーか、俺妹の頃と比べると色々と物足りない。
    相変わらずめぐみは好きになれないし。友達500人のビッチ中学生、でも純情で友達思いとか、矛盾が酷すぎて理解できない。
    そんな謎キャラが普通に脇役配置されていることに常に引っかかりを感じる。
    てか自称500人のリアル友達がいる友人思いの中学生女子とか設定として破綻してね?
    それだけ広く付き合ってたら一人一人との付き合いが浅くならざるを得ないし、特定の友人とだけ深く付き合うっていうなら他の友人との付き合いはなお浅くならざるを得ない。
    特定の友人に特別深くかかわるような人間が500人も友達がいるとか言われてもなにその謎生物?としか思えないんだが。
    めぐみに関しては掘り下げが全然足りないし、そんなキャラがしれっとパーティーに紛れ込んでいることに対して違和感しか感じない。
    というか、めぐみ以外の登場人物はほぼ全員性格破綻者の集まりになっている。
    そこに、友達500人のめぐみが普通に参加している異常をとっとと説明してほしいわ。
    いっそ最初の設定のまま、おちんちん大好きビッチ中学生の方がまだおさまりが良かったかもしれないな。
    友達は極端に多すぎればそれはそれで精神に問題を抱えていることにもなりうるんで、めぐみに関してはそこら辺の設定で一度主人公ときっちりイベントをこなし、はれて性格破綻者の集いとして和泉家に配置されれば違和感はなくなると思う。

    紗霧のリビング登校も茶番にしか見えないっつーか、紗霧は普通に精神科に入院した方が良いと思う。笑えないし、なごめない。
    文章的にもセンス的にも面白いんだけど、やっぱり紗霧の引きこもり設定が重すぎるし、伏せられた伏線も重すぎてイマイチ乗れない。

    てか「兄は妹に恋愛感情など持たない!」って設定はどこに行ったんだ?
    兄は妹として愛したい。妹は異性として愛したい。そんな兄妹のすれ違いラブコメって話じゃなかったっけ?
    うん?どこで設定が変わったんだ?
    正宗の「紗霧は好きだがあくまでも妹として好き。家族愛」って設定はどこ行っちゃったんだよ。
    なんでこんなに全力で異性として意識してるんだ?
    なんかおかしくね?

  •  『2015年 9月 10日 初版 発行』版、読了。


     シリーズ第5作目。今巻も文体が非常に読みやすく、日常系マンガを読むようにすらすらと読了できました☆

     前半はクリスマスやバレンタインの時期のエピソードで、後半は保護者登場で「さー、どうする!?」的な内容でした。

     読了してみるとやはり後半の出来事のほうが印象が強い内容でした。とくに京香さんな!ww

     おもしろかったのは、紗霧が頑張ってめぐみに自身のことをカミングアウトしたのに「うん、知ってた」と、ものすごいあっさりなお返事ww 不覚にも吹きましたww

     それにしても初登場時こそ、印象の良くなかっためぐみがどんどん好印象になっていきます☆ 他のキャラもまたクローズアップされていくことを楽しみにしながら……♪

     次巻も読もうと思った一冊でしたっ☆

  • 相変わらずの普通進行。悪い意味ではなくライトに読めるまさにライトノベル、読んだあとは忘れる。現にこの巻を読み始めた時点でアルミちゃんとかシドー君の存在を忘れてた。
    ラスト綺麗に纏まったのであれ?これが最終巻だったの?と思いましたがあとがきを読むとまだ続くみたい。
    このタイトル故にアニメは無いかと思ってましたが拉致をゲッツに替えてアニメになった作品があるのでタイトル替えてってのはあるかもしれませんね。
    あ…これってファンに見せかけたアンチな文章っぽい?こういうこと?
    含むところは無いですよ。

  • バレンタインなどのイベントも有りいよいよラブコメっぽくなってきた。既存のキャラクターを多めに出したとあとがきで述べられている通り、キャラクターの魅力が味わえる一冊。

  • 潔いほどテンプレのラブコメで読んでて安心する。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

電撃文庫『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『エロマンガ先生』著者。

「2018年 『エロマンガ先生(10) 千寿ムラマサと恋の文化祭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エロマンガ先生 (5) 和泉紗霧の初登校 (電撃文庫)のその他の作品

伏見つかさの作品

エロマンガ先生 (5) 和泉紗霧の初登校 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする