青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない (電撃文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
4.54
  • (60)
  • (25)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 495
感想 : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048653947

作品紹介・あらすじ

翔子からの「会おう」の手紙で、麻衣さんとのおつきあいに波乱の予感が。そんな中咲太は、おうち大好きな妹のかえでから、「重大発表があります」と告げられ――!? フツーな僕らのフシギ系青春ラブコメ第5弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うー涙が止まらないよー。
    喪失感が半端ない。
    これは泣く。

    シリーズ始まった時からいつか描かれるだろうと思った妹話。
    今回はいつものようにトンデモ思春期症候群的騒動ではなくて、いやもちろんそれも背景にはあるのだけど、それがなくてもお話的には全然問題ない展開だった。

    引きこもりからの脱出を目指すかえでに、簡単な解決法なんかなくて、彼女の苦しさとそれでも頑張る姿にこちらの胸も締め付けられる。
    なのにその上、解離性障害ーいわゆる記憶喪失なんて隠し玉まで出てきて……なので途中からは引きこもりの解決とは別の心配も持ち上がってくる。
    そして現実になる”かえで”の喪失。

    パンダが好きで、お兄ちゃんが好きで、目標を達成しようと頑張って、明日にはお昼の学校に行こうと約束したのに! 
    なんでいなくなるんだよ!
    と言う咲太の叫びは自分の叫びそのものだ。

    ラストの彼女の日記がまた卑怯。
    こんなん、泣かないわけないだろう。
    かえでがお兄ちゃんのことが好きだった理由が今更ながらによくわかる。
    そりゃ、自分を自分として観てくれて、それでいいのだと許してくれるただ一人の人ならば、そうなるよね。
    そんな大好きなお兄ちゃんを悲しませないために、後悔させないために、いっぱい頑張って目標を達成しようとしたかえで。
    ああもう、泣けてくる。
    このかえでの姿しか知らないから、彼女がいなくなったことをうまく消化できない。
    僕らには翔子さんはいないんだ。

    いなくなったかえではどこへ行ってしまったんだろう。
    本当にもうどこにもいないんだろうか?
    もう二度と会えないのか?
    そう思っただけで苦しい。
    そうじゃない世界を期待してしまう。
    でも、彼女の最後の望みはきっと花楓に引き注がれるんだろう。

    実は読んでて「長門有希ちゃんの喪失」を思い出してしまった。
    あれも切なかったなあ。

    もちろん、咲太と麻衣さんとの会話はニヤニヤだったし、萌絵とのやり取りはいつも通り愉しかった。
    前作の主人公の姿もちらっと見えたのもうれしい。

    そして、いよいよ翔子さんの登場で、これまたシリーズ最初からの謎にいろいろ想像させられる。
    前から彼女は未来からきたんじゃないかと思ってるんだけど、今回の事に対する彼女の言動から、もしかしたら萌絵の時と同じように世界はループしているのかもしれない。
    その世界で今度は咲太には記憶はないけど翔子さんにはあるんじゃないか?とか。
    さて、その真相は次巻で語られるんだろうか?
    読まねば。

  •  青春ブタ野郎シリーズの第5巻。
     今回のヒロインは、妹の「梓川かえで」。これまでも、何故引きこもりになったのかの経緯は触れられてきましたが、本格的にその原因と、引きこもり、記憶喪失の問題に対峙する巻です。
     二人の妹「かえで」と「花楓」の間で心が揺れる様が、咲太が如何に良いヤツか、というのが全面に出ています。
     かえでの、特殊な環境下で自分を見てくれた兄に対する兄妹愛も凄いなと思うところ。

     それにしても、翔子さん、良いところで出てきて、これは惚れてしまいますよねー。
     修羅場で終わって、思わせ振りな5巻。

  • 青ブタシリーズ第5弾!
    今巻のヒロインは咲太君の妹の梓川かえでちゃん
    思春期症候群は、全く別の人格と、精神的打撃に伴う身体への傷

    今まで読んだシリーズの中では今の所1番好き!
    かえでちゃんの頑張る姿に勇気を貰え、そして最後は……泣くしかないよ……
    花楓ちゃんと、かえでちゃん
    身体は同じだとしても、全く違う人格
    咲太君、そんな妹をしっかり支えて本当に素晴らしいお兄ちゃんだよ
    2年間も、1からの関係性を作っていく
    相当な覚悟がないと出来ないことだと思う
    そして唐突なお別れ
    本当に本当に悲しい
    咲太君の立場に立ったら、私は平常心を保って彼女に接することが出来るだろうか
    そして今後、『かえでちゃん』しか知らない私は、花楓ちゃんのことを好きになれるだろうか…

  • 展開が読める話だったのでそれほどはまりませんでした。
    アニメを見てたら感想は変わってたかもね。

    初めから妹が出てきたときから変だと思っていたので。。。

  • アニメ→原作に入った人間なので、この回のアニメを見た時はほんとに号泣してました

  • 別れというのはとても重いテーマで、軽々しく使うものじゃない。裏を返せばここまで積み上げて来たかえでとの、それも真の意味では咲太本人にしか分からないであろう悲しい別れというのは辛い。
    いなくなってしまった人間は何も言わないし届かない。ただ残してくれたメッセージだけが語りかけてくれる訳で、残された方が辛いというのは良く言ったものですよね。
    最後の日記は元は咲太がかえでのために与えた日記だったけど、最後にはかえでが咲太のために残した日記になった訳で、とても美しい流れだと思います。

  • アニメでも泣けたけど、本のほうがもっとより泣けた。妹側の想いとか、それが咲太が育てたものなんだとか、そしてそれはずっと残るんだとか。うわーん。

  • テレビアニメのだいたい11~13話に当たる巻。アニメの最終話を飾るのにふさわしい、クライマックスかつ感動エピソード。王道だろうが定番だろうがキャラクターに血が通っていれば読者は感動する。そして息つく間もなく次のクライマックスへ。

  • 最後のノートで感動。

  • かえでの日記には感動させられた。青ブタの中で1番いい巻だった。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ、神奈川県出身の作家。代表作は『さくら荘のペットな彼女』、『青春ブタ野郎』シリーズなど。

「2020年 『青春ブタ野郎はナイチンゲールの夢を見ない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鴨志田一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×